リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ園ママ研究室

【幼稚園児&保育園児ママ】和食(2015年/全国)

 半数近くのママは子どもに和食を「よく食べさせている」。子どもにもっと和食を食べさせたいと「とても思う」「まあまあ思う」ママの合計は97.2%に上り、その理由のトップ3は「栄養バランスが取れる」「野菜が多く取れる」「豆や魚などが多く取れる」だった。子どもが好きな和食のトップ3は「すし」「唐揚げ」「うどん」。一方、子どもは好きではないが、できれば食べさせたい和食メニューのトップ3は「酢の物」「煮魚」「豆腐料理」だった。「和食はヘルシー」のイメージを持つママは8割いるが、作ってみたい和食は「簡単で手軽に作れるもの」がトップ。「和食はもっと子どもに食べさせたいが、手間は掛けたくない」というママの本音が見える。

調査方法 :Webアンケート
調査対象 :全国のあんふぁん読者、あんふぁんWebユーザー
調査実施時期 :2014年11月18日〜25日
集計数 :427件

関連記事

関連記事はありません

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,038,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420