リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

くらしHOWマガジン

くらしHOW マガジン vol.03

2009.01発行 / 価格感覚調査2008 ほか [ くらしHOWマガジンVol.3]  

2009年、先が見えない年が始まります。ここまで消費をひっぱってきた女 性たちも、将来の不安にお財布の紐は締めざるを得ません。でも、どんなに節約モード に入ったとしても「自分にとって価値のあるものにお金を使いたい」「買い物を楽しみ たい」という気持ちは不変です。だからこそ、今、耳を傾けることが必要なのは、女性 がお財布を開こうとするとき、自分にむかってこっそりつぶやく「言い訳」でしょう。 「だって、買った方が……だし」「これなら……だし」。買いたい気持ちと、節約しな くちゃと思う気持ち。その葛藤に決着をつけてくれる魔法の言葉、それが「自分への言 い訳」なのですから。女は、気持ち良く言い訳させてくれる相手に、どんな時代でも弱 いのです。

【調査レポート1】リビング価格感覚調査2008 ~女性2900人の 消費マインド変化を読む>
女性の価格感覚を左右する「安心感」子育て世代にじわり値ごろ感下落の兆し

2007年度に引き続き、本年度もリビングくらしHOW研究所で実施した「リ ビング価格感覚調査」。商品・サービス21品目の、PSM分析による内的参照価格の変 動から見た消費マインドの変化をレポート。

PDFのダウンロードはこちら

【インタビュー】
二極化する消費者の価格感覚をとらえ、企業体質強化へ向かう時期
学習院大学経済学部教授・上田隆穂さん

物価高、為替の変動、景気の後退…。複雑に、小刻みに変化する経済状況の中、消 費者の価格感覚はどう変わっていくのだろうか。また消費者の心をとらえるため、企業 はどのような価格戦略を行うべきか。価格戦略の専門家である学習院大学経済学部教授 ・上田隆穂さんにインタビューした。

PDFのダウンロードはこちら

【女の言い訳タイプ別】
こんな時代でも?こんな時代だから? オンナの消費の背中を押した“お財布を開いちゃう”言い訳はコレ!

今回の 「価格感覚調査」では、「この1年間で、自分の中で“使ってもいい金額”が特に上昇 したもの」について、約3000人の女性のコメントが集まった。その中で、物価高などに よって仕方なく上昇したのではなく、主体的に上昇させた品目について、「上がった理 由」を分類してみたところ、6つの代表的なパターンが浮かび上がった。

PDFのダウンロードはこちら

【調査レポート2】団塊&団塊ジュニアミセス「お買い物日記 調査」より
ダブル後悔の法則~「衝動購買」は、ミセスの心の中で生まれる

一般に食品や日用品の買い物での「衝動購買」率は8割と言われている。消 費の多くの部分を占める衝動購買を、ミセスはどのように自己解釈しているのだろう。 店頭での衝動購買率の数字のみをとらえただけでは見えてこない、購買前後にあるミセ スの衝動購買心理を分析した。

PDFのダウンロードはこちら

【生活者インタビュー】
“買った方がいい理由”があるからこそ、しっかり主婦ですが…「買っちゃってま す!」

世の中、新聞でもテレビでも、主婦といえば「節約」のお話ばかり。 確かに主婦は安売り大好き。でも実際に今、多数を占めるのは「無駄はしない。でも使 うときは使う」というタイプなのでは?そんな思いを胸にいだきつつ、4人のミセスの お宅を訪問。「買っちゃったモノ」談義を聞きつつ、「やっぱり買っちゃうココロ」を 探る。

PDFのダウンロードはこちら

【MARKETER'S EYE】
新・三世代ファミリーのパワーバランスを保つ ママパパの言い訳 VS 祖父母の言い訳
シンクキューブ代表取締役 渡部亜希子さん

家庭を作ることすら難しい現在の労働環境の中で、「子供を産み、育てる」 という選択をした女性たちに、今や欠かせないパワーといえば、「祖父母力」。しかし 、祖父母側にも子育てに深入りしすぎないですむための、定番の「言い訳」があるので す。

PDFのダウンロードはこちら

【引き出せ、フツーの女のソコジカラ】
顧客と価値を「共創」する?!企業の受信能力が問われる時代
PDFのダウンロードはこちら
【事例報告】
うるさい消費者を味方につけた 4つの商品開発ストーリー

「消費者・ユーザーの声を大切に」というのは簡単だが、実際に「大切に」 するには、具体的な方法が必要だ。調査、クレーム分析など手法は多種多様。消費者を 巻き込んだ商品開発もそのひとつであるが…正直、手間も時間もかかる。それを承知の 上でトライした4つの事例を取材し、各社がそこに見出した価値を探った。

■【ランドセル】 コクヨS&T×「あんふぁん」読者 ■【OLのためのジャケット&スカート】 アンタイトル×「シティリビング大阪・神 戸」読者 ■【マザーズバッグ】 ディノス×「ほっとディノス」ユーザー ■【セルフプロデュース プロジェクト】 シティリビング東京×「シティリビング東京 」読者

PDFのダウンロードはこちら

主婦向けモバイルサイト「シュフモ」キーマンインタビュー
がんばるシュフを応援したい!ケータイウェブチラシの可能性

三菱商事、ニフティ、サンケイリビング新聞社が2008年11月からサービスを スタートした。スーパーの特売情報などを携帯電話に配信する主婦向け地域モバイルサ イト「シュフモ」の開発の経緯やケータイウェブチラシの可能性について、開発に携わ ったキーマンに話を聞いた。

PDFのダウンロードはこちら

【調査レポート3】全国の女性4000人が選んだ、隠れた地域観光資源
新たに発掘する「意外にいいとこ」という視点

地域活性化に貢献する観光資源とは何か? 2008年7月全国のリビング新聞ネ ットワークでは、読者である女性の視点を最大限に生かし、今後スポットをあてるべき 地域資源の発掘を目的に調査を実施。その結果をレポート。

PDFのダウンロードはこちら

【どうなるの?オトナの女マーケット】
Q:オトナの女のモバイルマーケット 可能性はいかに?
ディーツーコミュニケーションズ代表取締役社長 藤田明久さん

「オトナの女マーケット」の可能性を、その業界のプロフェッショナルに聞 く。今回は、「オトナの女とモバイル」について問う。

PDFのダウンロードはこちら

【女ゴコロ検定】
くらしHOW番長!ファイナル「女ゴコロ、分かってるか~!!」卒業検定

くらしHOWの女性マーケティングデータをもとに出題された「女ゴコロ」 。ファイナルとなった今回も、さまざまな女ゴコロをチェック!

PDFのダウンロードはこちら

【INTERVIEW】 うるさい女が世界を変える
働く女性が安心して頼める家事のパートナーを目指して 10周年を迎えた日本初の家事代行サービス
> 株式会社ベアーズ 専務取締役 高橋ゆきさん>

「働く女性が、笑顔で“妻”も“母”もできることが家族の幸せ」と志し、 日本初の家事代行サービス「ベアーズ」を夫婦で起業した高橋ゆきさん。今年10周年を 迎え、個人の顧客にとどまらず、社会全体のあらゆるニーズをとらえて急速に広がり、 注目されている。

PDFのダウンロードはこちら

LIVING WATCH!

リビング新聞グループの「今」を切り取りお知らせ!各社の動きがコンパクトに分 かります。(各社の動きは、HPでもチェックできます。)

PDFのダウンロードはこちら

サンケイリビング新聞社 http://www.sankeiliving.co.jp/

リビングプロシード http://www.lps.co.jp/

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420