リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ地方創生研究室

【南房総市】「海」が人気の町であえて「里山」押し! 定員79人のバスツアーに1288人の応募

ジモト主婦が作る郷土料理の食べ放題では、作り方を教わり、住民と参加者のふれあいを演出

千葉県南房総市といえば、海&海の幸!でもそれだけじゃない。豊かな里山で過ごす休日を味わってほしい…!そんな思いの南房総市観光プロモーション課が国の交付金を活用した里山を巡るバスツアーの集客依頼をサンケイリビング新聞社に発注。

“地元の女性を元気に! ”をモットーに女性目線で事業を行っているサンケイリビング新聞社は企画から提案し、バス会社との連携から集客まで、全てワンストップで実施しました。

同社では、編集長をはじめ、女性スタッフが自治体と一緒に“オンナゴコロに刺さる”ツアーを企画。地域に根ざした編集力を武器に、みかん狩り体験、3つの道の駅で試食・花摘み・プレゼントや、地元主婦が腕によりをかけた郷土料理の食べ放題、料理の神様詣で等、魅力てんこ盛りの内容に。

その結果、参加費4900円、定員79名のところ1288名もの応募がありました。

更にツアーの軸にしたのが、訪れる農園や神社、道の駅長など地元住民とのふれあい。同社の編集部員が事前にコースをロケハンし、現地の皆さんに「ツアー当日、南房総市のファンを増やしてくださいね!」とコミュニケーションの促進アドバイスをするなど、迎える側の連帯感を創出。千葉の魅力をPRするだけでなく、住民のモチベーション向上につながりました。

モニターツアーは参加者の生の声を聞くことができ、また、地元住民のシビックプライドの醸成にも貢献するもの。あえて“里山押し”をすることで、今までは発見できなかった、千葉の魅力を掘り起こすともに、住民の自信にもつながりました。

(担当/サンケイリビング新聞社 千葉本部・大石登子)



<おいしい里山バスツアー>
企画/サンケイリビング新聞社千葉本部・南房総市
実施/京成バスシステム
◆2015年秋のツアー 読者特派員レポート
http://mrs.living.jp/chiba/event_leisure/reporter/2139169
◆2017年春のツアー 読者特派員レポート
http://mrs.living.jp/chiba/shopping/reporter/2616943

地方創生研究室へのお問い合わせはこちら地方創生研究室info@chihousousei-kenkyu.jp
女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420