リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ自主調査レポート

肌・身体の乾燥についてのアンケート(女性/2019年/全国)

低湿度が続く冬が終わった春先4月、肌・身体の乾燥について調査した。

〈昨冬、「いつもの冬より乾燥を感じた」は27.0%〉
昨冬、乾燥を感じた人は87.3%。そのうち、27.0%が 「いつもの冬より乾燥を感じた」と回答しており、年代別では、20代以下が10ポイント以上高い37.1%

〈乾燥を感じた部位、複数回答のトップは「顔」。乾燥による荒れを最も感じた部位、40代は「顔」より「手・指先」〉
 乾燥を感じた部位を複数回答で聞いたところ、「顔」「手・指先」「足(かかと・足裏など)」「脚(太もも、すねなど)」「鼻・喉などの呼吸器」「頭皮・髪」「腕」「胴まわり」の順。年代別に見ると、30代、40代で乾燥を訴えるピークが来て、50代、60代と年齢があがるにつれ少しずつ減っていく傾向が見られる。

乾燥による荒れを最も感じた部位は、上位5項目は複数回答と同じ。ただし、40代は「顔」より「手・指先」の方が約7ポイント上回っている

〈乾燥対策で実際に行ったこと〉
トップは「ハンドクリームの利用」で68.8%。以下、「高保湿のスキンケア商品を利用」45.3%、「マスク利用」42.0%、「高保湿のボディケア商品利用」37.1%と続く。高保湿のスキンケア商品、ボディケア商品、ボディーソープや洗顔料、ヘアオイル・クリームの利用は、20代以下が他の年代に比べ多くなっている

〈乾燥対策をしても、効果が感じられなかった部位 トップは「手・指先」〉
複数回答で聞いたところ、「手・指先」がトップで「足(かかと・足裏など)」 「顔」 「脚(太もも、すねなど)」と続く。約7割がハンドクリームを利用しているにもかかわらず、「手・指先」の荒れに悩む人が多い結果となった。頻繁な水仕事、手洗いが原因と推測される

〈冬よりもむしろ「春」の方が肌の乾燥は深刻〉
冬以外の季節にも「肌や身体の乾燥を感じる」は73.7%。この人たちに、「いつ、どのような乾燥を感じるか」をフリーアンサーで聞いた。
全954コメントのうち、「春・秋などの季節の変わりめ」約214件、「夏の冷房」約110件が上位。温度・湿度の変化が激しい季節の変わりめ、そして夏は冷房の影響…と結局、一年中カサカサに悩んでいる女性は多い。 特に春先は、花粉症とあいまって肌のゆらぎ状態から、乾燥・荒れを訴える声が多い。

〈3年前と比較して乾燥を感じる度合い。若い層でも乾燥をより感じるようになった〉
3年前と比較して「より乾燥を感じるようになった」は全体で67.5%。20代以下、30代の若い層でも、7割が「より乾燥を感じるようになった」と40代、50代よりわずかだが上回る結果となった。

【調査期間: 2019.4.3~4.8】
【調査方法:リビングWeb・シティリビングWeb・あんふぁんWebにてWEBアンケート】
【集計数:1496(平均年齢:44.8歳)】

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420