リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ自主調査レポート

エコバッグ持参率は8割超!
主婦、OLの「環境問題・エコ」データ8件(2002年~2019年)まとめ

主婦に、環境を意識して行っていることを聞いたところ、実践率が最も高いのは「エコバッグ・買い物袋を持参」。僅差で、節約のために意識する人も多い「水の出しっぱなしに注意」「電気をこまめに消す」が続きます。2009年の調査でも、この3つが上位で、似たようなポイント数でした。

 10年前より目立ってポイントが下がったのは、「家・外出先でもごみは分別」62.9%(2009年は70.8%)、「牛乳パックやトレーは捨てずに回収に」51.8%(2009年は68.5%)。なかなかできない理由をフリーアンサーで聞くと、牛乳パックやトレーは「洗うのが面倒」「保管場所に困る」といった声のほか、「仕事をしているので、なかなか回収場所まで持っていけない」という意見も見られました。

あわせて、過去にリビング新聞グループで調査した、環境問題・エコにまつわるデータを以下に集めました。どうぞお役立て下さい。


【主婦データ】

「環境問題についてのアンケート」(2019年/全国/主婦)
https://www.kurashihow.co.jp/markets/15433/

[主婦]省エネ・エコ調査(2012年/全国)
https://www.kurashihow.co.jp/markets/5267/

[主婦] ミセスの暮らし<環境問題>調査(2009年/全国)
https://www.kurashihow.co.jp/markets/3246/

リビング新聞読者による「取り組みたいエコ活動」(2008年/全国)
https://www.kurashihow.co.jp/markets/11001/

[主婦]環境問題意識調査(2002年/大阪)
https://www.kurashihow.co.jp/markets/2671/


【OLデータ】

節電意識(2011年)
https://www.sankeiliving.co.jp/research/ol/103.html

エコとボランティアについて(2008年)
https://www.sankeiliving.co.jp/research/ol/063.html

環境問題について(2007年)
https://www.sankeiliving.co.jp/research/ol/052.html

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420