リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ自主調査レポート

[主婦]省エネ・エコ調査(2012年/全国)

●東日本大震災から2年目の夏となる今年8月に、全国の主婦を対象とした省エネ・エコアンケートを実施。

【2012年8月2日~8月8日実施】
【調査対象 : 全国の既婚女性】
【調査方法 : リビング新聞のWEBサイト「Living.jp」にてWEBアンケート】
【集計数 : 452人】

●東日本大震災から2年目の夏となる今年8月に、全国の主婦を対象とした省エネ・エコアンケートを実施。
●日常生活で節電を意識している人は96.6%、節水は94.2%、リサイクルは93.5%と全般的に主婦の意識は高い。
●1年以内の省エネ商品の購入・買い換えは50.1%と半数近い主婦が消費行動を起こしている。
●購入者に聞いた購買内容はLED電球41.5%、エアコン31.6%、冷凍冷蔵庫21.7%と家庭での利用頻度の高い電化製品が主体。
●節電活動では待機電力の軽減85%、エアコンなど消費電力の高いものを使用しない81.8%、使用時間の短縮87.5%と、主婦のほとんどが細かな節電努力を行っている結果に。
●「タイマーを利用し23時~7時の間にできるだけ電力を使う」(32歳)など様々な工夫を凝らし、昨年よりも40%も使用電力量が下がったという家庭も。
●省エネの目的を聞いたところ1番は家計の節約で53.7%。次いで地球環境が25.7%、電力不足20.6%となり、省エネ・エコに積極的な主婦もそのホンネは家計の節約が多数である。

 

関連記事

関連記事はありません

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420