リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ働く女性の今とこれから研究室

【働く女性REAL】女性の3大健康トピックと仕事の関係〈更年期〉

更年期障害の出方は、千差万別
本人も周りも知識が必要

  • 40代~50代の女性822人への調査では、8割以上が更年期に起こりやすい身体的、精神的症状を自覚しているが、それが、プレ更年期・更年期のせいだと思っている人は4%。「分からない」という人も35.7%おり、原因がよく分からないまま過ごしている様子。
  • 何らかの症状がある人を対象に、仕事への影響を聞いた。仕事に影響があると感じている人は3%で、その時のパフォーマンスに点数をつけると、平均57.7点と健康時の半分程度と自己評価は低い。
  • 仕事に影響が出ていることについては、「思い通りに仕事ができないので悔しい」が6%と半数を超えている。影響の内容は「集中力の低下」「効率が悪い」が多く、それに伴って以前よりも「ミスが多くなった」という声が見られる。
  • 20代・30代の女性に比べて再就職組が多いこの世代、働き方はパート・アルバイト、職種は販売・サービスが多いこともあり、「調子が悪くても休暇や、ちょっとした休憩ですら取りにくい」といった声も散見される。
  • 「職場内で自分の状況を誰にも話したことはない」は3%。同年代の女性以外には、話せないのが実状だ。

    くらしHOWマガジンvol.13 p.6-7
女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420