リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

News

~化粧水についてのアンケート~
お気に入りを求めていろいろ試している人が約4割
30代以下は、使用者の評価をより重視

 リビング新聞グループのシンクタンクである株式会社リビングくらしHOW研究所(所在地: 東京都千代田区、代表取締役社長 細井英久)では、全国の女性を対象に「化粧水について」の調査を実施。利用状況や、ブランドスイッチのきっかけなどを聞きました。

詳細レポートはこちら

 

■女性が普段のフェイスケアに最も使っている化粧水

お気に入りを使い続けるという人は約4割で、

「肌に合う実感」と「コスパ」が決め手に

 

 普段のフェイスケアに使うもののトップは「化粧水」85.7%(グラフ1)。使っている化粧水の価格は「1000円~3000円未満」42.5%が最多で、よく購入する場所(複数回答)の上位は「ドラッグストア」55.0%、「メーカー・ブランドのサイト」19.2%、「百貨店」16.4%。


 化粧水の選び方を聞くと、「今はいろいろ試しているが、気に入ったものが見つかれば使い続けたい」という人が約4割(グラフ2)。一方、すでに愛用品があって、今後も使い続ける予定という人も約4割います。愛用する理由は「自分の肌に合う」75.8%、「コストパフォーマンスがよい」44.0%、「効果を実感している」33.5%など(グラフ3)。実際に使って“肌に合う”と感じることとコスパのバランスが、ファン化のポイントのようです。

 

■ 化粧水を変えようと思うタイミングは「肌トラブル・悩みがあるとき」「年齢に合わせて」
  スイッチ要因は「サンプル」「店頭で見て」が強いが、30代以下はクチコミや情報サイトも

 

 化粧水を変えようと思うタイミングは、全体では1位「肌トラブル・悩みがあるとき」49.3%、2位「年齢に合わせて」38.5%、3位「新商品や初めて知った商品に魅力を感じて」33.0%。年代別にみると、「肌トラブル・悩みがあるとき」は40代以下のポイントが高く、「年齢に合わせて」は30代が特に重視(グラフ4)。20代以下は「季節に合わせて」「コスパを考えて」が各4割台と多くなっています。


 化粧水を変えるきっかけは、どの年代でも1位は「サンプルで試して」、2位は「店頭で試したり、POPを見て」で、実際に商品に触れることがブランドスイッチの大きな要因に(グラフ5) 。20代以下・30代は「友人・知人・家族のクチコミ」や「情報サイト」がきっかけになるという人も各3~4割程度います。


 「店頭で試したり、POPを見て」を選んだ人に、店頭で興味を惹かれたものを聞くと、30代以上は「試用品が置いてある」が1位で、年代が上がるほどポイントが上昇(表1)。20代以下は1位「使用者のコメント」(30代では2位)、2位「ランキング上位のマーク」となっていて、若い世代ほど使用者評価をより重視する傾向です。

 

【調査概要】

期間:2019.7.3~7.7

サンケイリビング新聞社公式サイト「リビングWeb」「あんふぁんWeb」「シティリビングWeb」でのアンケート
調査対象:全国の女性 / 集計数:1499人

【回答者プロフィール】20代以下6.9% 30代26.0% 40代30.7% 50代23.7% 60代以上12.7% / フルタイムワーク33.2% パート・アルバイトワーク26.0% 専業主婦33.9% そのほか7.0% / 既婚74.4% 独身25.6% / 子どもがいる61.2% いない38.8%   

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420