リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ働く女性の今とこれから研究室

【働く女性REAL】女性の3大健康トピックと仕事の関係〈月経・PMS〉

月経前はメンタル不調が多く、月経中は下腹部痛・腰痛がトップ
鎮痛剤と冷え対策で、パフォーマンス維持を目指す

  • 20代~30代の女性299人に調査したところ、月経期間中や月経前に不調を感じることがある人は6%と大多数。
  • 月経前には、「イライラする」3%、「気分が落ち込む」45.2%と、メンタル面での不調を感じている割合が高い。
  • 月経期間中は、「下腹部痛・腰痛」に悩む人が2%と突出して多くなっている。
  • 月経前・期間中ともに、だるさや疲れやすさ、眠気のポイントも比較的高い。
  • 月経前・期間中に不調を感じることがある人のうち、その症状が仕事のパフォーマンスに影響していると思う人は6割弱。「思い通りに仕事ができないので悔しい」6%、「サボッていると思われていそうでイヤだ」43.2%という人が多く、何とかしたい気持ちが垣間見える。
  • 症状への対策として行っていることは、「市販の鎮痛剤を飲む」64.4%、「冷えないようにする」40.4%が大半。「残業をしないようにする」17.1%など仕事量の調整をしている人は少ない。
  • 職場で自分の状況を話したことがある相手は、周囲の女性社員がメインで、上司に話したことがある人は15.8%と、相談しづらいのが実情。不調を感じながらも、努力して通常通り働こうとしている様子が窺える。

    くらしHOWマガジンvol.13 p.4-5
女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420