リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ働く女性の今とこれから研究室

【働く女性REAL】女性の3大健康トピックと仕事の関係〈働く女性の妊娠中〉

妊娠中に、不調や仕事への影響を感じた人が多数
業務内容を変更した人は4割超
周りに迷惑をかけている実感が大きい

  • 妊娠時に働いていて、ここ3年以内に出産した168人に調査したところ、妊娠中に不調を感じた人は7割超。
  • 最も多い症状は「つわり・吐き気」3%で、妊娠期間を通じて見られる「おなかのハリ・痛み」や眠気、疲れやすさなどに悩んだ人も比較的多い。
  • 妊娠中に、体への負担軽減のため、業務内容を変更した人は4割超いる。
  • 個人差はあるが、周囲に妊娠を知らせていない初期段階からつわりなどの不調が発生するため、急に仕事に影響を及ぼすことも多く、「周囲に迷惑をかけていることが気になる」2%という気持ちが強いのが特徴的だ。



    くらしHOWマガジンvol.13 p.3
女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420