リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ自主調査レポート

お盆・夏休み帰省についてのアンケート(女性/2018年/全国)

・昨年のお盆・夏休みに1泊以上の帰省をした女性は47.3%。 帰省先は「自分の実家」が56.5%、「夫の実家」が22.3%、「両方」が21.3%。

・「1人」で帰省した人が約2割、「2人」で帰省した人が約3割。「3人以上」と家族で帰省した人が52.2%と最も多い。合計帰省期間は「2日間」29.4%、「3日間」26.2%が多く、やや短め。

・帰省の際に使った主な移動手段は「自家用車」が58.6%と多く、「新幹線」は21.7%、「飛行機」は11.4%。そのためかお盆帰省全体にかかった費用は控えめで、「1万円未満」が最も多く28.1%。

・とはいえ、親や親せきから「帰省の足しに」などお金をもらった人も約3割。もらった額は「1万円以上2万円未満」35.5%、「1万円未満」29.0%という人が多く、そう高額ではないものの、「5万円以上」という人も12.4%。

・お盆・夏休み帰省は「楽しみ」or「どちらかというと楽しみ」が78.4%と多くの女性にとって嬉しいイベントのよう。楽しみな理由は「親や親せきに会える」61.6%、「親や親せきが喜ぶ」47.8%、「食べ物がおいしい」43.6%、「羽をのばしてのんびりできる」35.8%。

・残りの約2割の「気が重い」派の理由は、物理的に「移動が大変」45.7%や「出費がかさむ」44.4%などの理由も上位に挙がったが、「気を使うから」が68.9%と最も多い結果になった。

【調査期間:2018.06.13~06.17】
【調査方法:リビングWeb・シティリビングWeb・あんふぁんWebにてWEBアンケート】
【集計数:女性1481人(平均年齢:43.71歳)】

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420