リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ働く女性の今とこれから研究室

【働く女性REAL】無期転換ルールについて(2018年/全国)

  • 2018年4月からスタートする「無期転換ルール」を「知らなかった」が全体の過半数。
    働き方別にみると、自身に関係のある人が多い「嘱託・契約社員」「派遣社員」の認知度は約7割と高い。
  • 「無期転換ルール」を知った情報源は「ニュース、新聞」63.8%、「インターネット」33.5%。
    「勤務先や派遣元からの説明」は全体の25.6%で、ポイントが最も高い「派遣社員」でも44.7%。
  • 有期労働契約者(登録型派遣社員を除く)のうち、「無期転換ルール」の利用条件を満たしているとしたら、現在の勤務先で利用したい人が約6割。その理由の上位は「雇用の安定」「慣れた仕事を続けられる」が各73.9%。
  • 現在の勤務先で無期転換したい人のうち、「実際に利用して、無期労働契約を結ぶ」予定の人は約1割。「利用したいが、まだ具体的には動いていない」が約6割と大半。「利用したいが、実際に行動に移すのは難しい」という人も約4分の1いる。「勤務先の意向が分からない」「自分からは言いだしにくい」といった意見が見られた。
  • 現在の勤務先で無期転換したくない人は約4割。理由の上位は「現在の立場のほうが働きやすい」39.1%、「契約が無期になるだけなので、あまりメリットを感じない」32.2%、「現在の勤務先で長期で働くことを望まない」28.7%。
  • 「無期転換ルール」によって生まれた、派遣社員の新しいスタイル「無期雇用派遣」に興味がある派遣社員が7割弱。
    その中で、なる予定・なりたい人は約7割。

【実施日時】  2018年2月7日~2月12日
【調査方法】  Webアンケート
【調査対象】  
働く女性 805件

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420