リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ女性の素顔と気持ち

更年期の自覚が、自身の身体に目を向けるきっかけに?

「自分は更年期だと思う」45~49歳は67%<50~55歳は79%と、その差は12ポイント。「更年期への抵抗感あり」は45~49歳は68%>50~55歳は61%。40代後半は、疲れやすさやイライラなど更年期かどうか自分では判断しにくい不調を感じており、不安や抵抗感も強く持っています。50代になると更年期の自覚が進み変化を受け入れることで、具体的な対策を始める人が増える傾向に。更年期後の健康的な生活を手に入れるために、自身の身体に目を向けるタイミングといえそうです。
「アラフィフ女性/更年期の健康意識と行動」
https://www.kurashihow.co.jp/markets/11799/

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420