【アラフィフクライシス マーケット 研究会報告 2018】アラフィフ女性の、身体と気持ちと行動の『変容』を読み解く | リビングくらしHOW研究所
リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

News

【アラフィフクライシス マーケット 研究会報告 2018】アラフィフ女性の、身体と気持ちと行動の『変容』を読み解く

リビングくらしHOW研究所では、3年前から45歳~54歳のアラフィフ世代の女性をテーマとした研究を、継続的に行ってきた。
アラフィフの不安は、まさに「変わり目」「節目」の不安定さに由来する。その節目を客観的に捉え、次の年代に向けたビジョンをそれぞれが持つことで、次の身体や新しい暮らしに向けた準備=リセットができる、と提言した。では、実際にアラフィフをリセットに向かわせるには、どんな情報・契機が有効だろうか?
私たちは、2017年秋から、ジャンルを「健康」「ヘアケア(白髪対策・ボリューム対策)」「国内旅行」に絞り、協力いただいた企業と共に定性調査・定量調査を実施。ジャンルごとに、アラフィフ女性を動かすメッセージ、届きやすいテーマを考えた。
意識や行動が変わる時は、新たな消費が動く時でもある。アラフィフ世代の意識や行動の変容タイミングはいつなのか、どう変わるのか、を中心に報告する。

「MonthlyくらしHOW」はこちら

MonthlyくらしHOW4月号<2018.04.20>

01 健康意識と行動

  • アラフィフの6割以上が「更年期」に抵抗があるが、変化を受け入れると前向きになる
    不安から自覚→受容→対策へのプロセスをつかむ
  • 食生活・運動など生活改善系の情報は、受容が進む50歳前後に

 

02-1 ヘアケア 白髪対策

  • 白髪が増えると価格指向が強まる
    「染める回数が減る」をキーワードに

 

02-2 ヘアケア ボリューム対策

  • 気にはなるが、まだ先のこと…
    ウィッグは利用・購入のイメージづけが必要

 

03 国 内 旅 行

  • 自分のための旅行が再開! 
    『のんびり』+『充実旅』で、動き始めた旅心をつかむ


更年期の健康意識と行動【2018】のレポートはこちら
ヘアケア 白髪対策事情【2018】のレポートはこちら
髪のボリュームダウン対策【2018年】のレポートはこちら
国内旅行事情【2018年】のレポートはこちら

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420