リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ働く女性の今とこれから研究室

【働く女性REAL】オフィスで働く女性の夕食事情(2017年/全国)

  • 夕食が遅くなった人の多くが、午後におやつを摂取。でも、17時以降に食べた人は少ない 
  • 理想の夕食は「19時台」という人が56.1%。現実は20時以降に食べた人が約6割。「自宅で」「作ったもの」を食べている人が多数派 
  • 過半数が、週2回以上は20時以降に帰宅。家での遅い夕食に「不満アリ」が6割近く。不満の理由として、「食べてから寝るまでの時間が短くて、翌日胃がもたれる」「おなかがすき過ぎて、食べ過ぎてしまう」「買ってきたものなどで簡単に済ませるので、栄養バランスが気になる」といった声が挙がった
  •  夕食が遅くなったとき、その前の補食として食べることがあるものの上位は「甘い菓子(チョコ・ビスケットなど)」45.3%、「スナック菓子・せんべい」32.7%、「クッキーやバータイプの栄養補助食品」25.3% 
  • 夕食前の補食を選ぶ際、”商品を食べて得られるベネフィット”の中で重視されている上位3項目は「おいしさ」「腹持ちの良さ」「気分転換・リフレッシュできる」。”食べるときや購入時の利便性”で重視されている上位3項目は「短時間で食べられる」「手がよごれない」 「場所を選ばず食べられる」

【調査期間: 2017.06.08~06.13】
【調査方法: シティリビング公式サイト「シティリビングWeb」でのアンケート】
【調査対象: 企業で働いている40代までの女性(全国) 有効回答数 /554】

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420