リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ自主調査レポート

[女性全体]百貨店の利用調査(2007年/関西)

●大阪・神戸圏在住の女性927人に、百貨店の利用について聞いたところ、百貨店に行く頻度は「1ヵ月に1回」30.6%、「2週間に1回」23.0%、「1週間に1回」16.6%となった。

【調査日 :2007年9月29日実施】
【調査対象 :大阪・神戸圏在住の女性】
【調査方法 :リビング新聞(大阪・神戸圏)の紙面掲載アンケートを実施】
【集計数 : 927人】

●大阪・神戸圏在住の女性927人に、百貨店の利用について聞いたところ、百貨店に行く頻度は「1ヵ月に1回」30.6%、「2週間に1回」23.0%、「1週間に1回」16.6%となった。
●百貨店を一番よく利用する曜日は「土曜日」27.3%、「日曜日」20.0%と、休日が上位をしめており、平日では「金曜日」13.6%、「水曜日」13.1%と週末や週の中日という回答が多かった。
●誰と行くことが多いかでは、「ひとり」58.0%がどの年代においても最も多かった。次いで「夫」27.8%、「友人」15.0%の順。●主な入店時間は「11時」23.3%、「10時」18.3%と午前中が多く、次いで「13時」13.7%と午後の早い時間が続く。
●平均滞在時間は、「2時間~3時間未満」38.2%、「1時間~2時間未満」36.5%が多かった。
●よく利用する売り場は「食品」75.5%、「婦人服」49.4%、「催事」29.7%となった。
●「飲食施設」をよく利用する人は50代以上で2割を超え、ほかの年代に比べ利用率が高かった。
●販売員と相談して購入するものは「化粧品」52.4%、「婦人服」36.2%、「婦人靴」30.6%と続く。

関連記事

関連記事はありません

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420