リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ自主調査レポート

化粧水・シートマスクについてのアンケート(2019年/全国/女性)

 全国の女性を対象に、化粧水・シートマスクの使用実態やブランドスイッチのきっかけなどを調査した。

<普段、フェイスケアに使っているもの/愛用する化粧水があるか> 

  • 普段、フェイスケアに化粧水を使っている人は85.7%。次いで使用率が高いのは、「乳液」57.4%、「美容液・美容クリーム」53.1%。「オールインワン化粧品」「シートマスク・パック」も各3割ほどが使用している。
  • 化粧水使用者のうち、お気に入りを使い続けている人が約4割。その理由の上位は「自分の肌に合う」75.8%、「コストパフォーマンスがよい」44.0%、「効果を実感している」33.5%。
  • 化粧水使用者のうち、お気に入りを求めていろいろ試している人は約4割。特に、20代以下は46.3%とやや多い。「ほぼ毎回、違う化粧水を買う」人は1割弱で、その理由の上位は「いろいろ試すのが楽しい」38.5%、「そのとき安いものを買う」26.9%。

 

<化粧水の購入金額/購入場所>

  • 今使っている化粧水は「1000円~3000円未満」という人が42.5%で、どの年代でも最も多い。続いて「1000円未満」23.8%、「3000円~5000円未満」21.7%。
  • よく購入する場所は「ドラッグストア」55.0%がダントツ1位。次に「メーカー・ブランドのサイト」19.2%、「百貨店」16.4%。20代以下のポイントが他年代より5ポイント以上高いのは「ドラッグストア」「百貨店」「専門店(コスメキッチンなど)」「バラエティショップ」。

 

<化粧水を変えようと思うとき>

  • 全体では「肌トラブル・悩みがあるとき」49.3%がトップ。特に20代以下(62.1%)、30代(56.4%)、40代(54.2%)のポイントが高い。
  • 「年齢に合わせて」は30代(43.3%)が最も意識していて、40代(39.3%)・50代(38.2%)のポイントも比較的高い。
  • 「新商品や初めて知った商品に魅力を感じて」は40代(38.8%)が他年代より5ポイント以上多い。20代以下は「季節に合わせて」40.0%、「コスパを考えて」42.1%のポイントが多い。

 

<化粧水を変えるきっかけになるもの>

  • 化粧水を変えるきっかけの上位は「サンプルで試して」66.8%、「店頭で試したり、POPを見て」44.5%。年代が若いほどポイントが高いのは「店頭で試したり、POPを見て」「友人・知人・家族のクチコミ」「情報サイト」「雑誌・フリーペーパー・チラシ」。
  • 化粧水を変える際、最も大きなきっかけになるのは「サンプルで試して」44.8%、「店頭で試したり、POPを見て」18.6%。「サンプルで試して」は40代以上は40%台後半とややポイントが高い。
  • 化粧水のサンプル入手方法のトップは「サンプルプレゼントに申し込んで」62.7%で、実際に試してから選びたいニーズは強い。次に「お店で買い物をしたときにカウンターやレジでもらう」56.9%が多い。
  • 化粧水を変えるきっかけとして「店頭で試したり、POPを見て」を選んだ人が、店頭で興味を惹かれたのものの上位は「試用品が置いてある」53.1%、「キャッチコピー」35.8%、「使用者のコメント」35.2%、「お得なキャンペーン」33.0%、「ランキング上位のマーク」26.4%。年代別にみると、20代以下は1位「使用者のコメント」50.0%、2位「ランキング上位のマーク」47.9%、3位「試用品が置いてある」43.8%。30代は1位「試用品が置いてある」49.7%、2位「使用者のコメント」43.7%、3位「キャッチコピー」43.0%と、全体の順位と異なる傾向。

 

<化粧水選びで重視すること>

  • 「保湿」77.2%がダントツ1位。続いて「エイジングケア」「価格」「美白」「ハリ・弾力」が各3割台。「エイジングケア」「ハリ・弾力」は年代が上がるほど重視され、「価格」は年代が若いほど重視されている。

 

<シートマスクの利用状況>

  • シートマスクを普段のフェイスケアに使う人は約3割。その使用頻度は、「週に1回」が28.6%と最多。週に1回以上使う人は64.8%で、年代が若いほど割合が大きく、20代以下では8割、30代では約7割を占める。
  • シートマスクを使うタイミングは「夜」82.0%がメイン。「特別な日の前に」20.8%、「休日、時間があるときに」18.0%の利用も。
  • 使い始めた理由の上位は、「保湿のため」72.2%、「エイジングケアのため」43.4%、「スペシャルケアのため」40.3%、「リフレッシュ・リラックスのため」29.4%。20代以下は「保湿」「リフレッシュ・リラックス」のポイントが他より8ポイント以上高い


調査期間: 2019.7.3~7.7
調査方法:「シティリビングWeb」「リビングWeb」「あんふぁんWeb」にてWeb調査
集計数 :1499

 

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420