リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ自主調査レポート

女性が選ぶ脱毛サロン
利用率・満足度第1位は?

女性のための生活情報紙を発行するサンケイリビング新聞社では、読者が選ぶお勧めの商品やサービスを様々な切り口で調査し、結果を
ランキングにして発表するWebコンテンツ「ウーマンリサーチ」を展開しています。
https://mrs.living.jp/woman_research/topics/3675016

半数の人が利用したことのある「脱毛サロン」
利用時に重視したポイントは?
リビングくらしHOW研究所では、全国のWeb会員約428,000人を対象に「脱毛サロン」についての調査を実施。回答者1284人中、エステサロンで脱毛をしたことのある人は50.9%と半数。利用のきっかけやユーザーの重視したポイントなどについて、詳しく聞きました。

利用率・満足度トップは「ミュゼプラチナム」、次回利用したいサロントップは「エステティックTBC」
利用のきっかけは「処理が面倒」「家族や友人のすすめ」

1番利用している脱毛サロンついて聞いたところ、第1位は「ミュゼプラチナム」、第2位は「エステティックTBC」、第3位は「銀座カラー」という結果に。利用者の満足度でも「ミュゼプラチナム」が第1位となりました。また、次に利用したいサロンでは、第1位「エステティックTBC」、第2位「ミュゼプラチナム」、第3位「銀座カラー」という結果になりました。

脱毛サロン利用のきっかけは「処理が面倒だったから」「毛深いから」という悩みからだけでなく、「家族や友人のすすめ」という意見が目立ちました。また、「結婚」「旅行」「同窓会」などイベントをきっかけに利用した人や、「将来の介護に備えて」(40代女性)という人も。

利用したサロンをどのように探したかを聞いたところ、「クチコミ」が33.5%と最も多いなど、周囲の意見をきっかけに脱毛を検討したり、サロンを決めたりする人が多いようです。

利用時に重視したのは「通いやすさ」
 満足度につながるポイントは「スタッフの対応」
サロン利用時に最も重視したことは、「通いやすさ」が27.9%と最も多く、次いで「お得なキャンペーン」、「料金体系のわかりやすさ」という結果に。「通う回数は年間で4~5回」という人が32.5%と最も多いことからも、価格や効果面よりも、「通い続けられるか」がポイントになるようです。
また、「利用してみてよかったポイント」についても聞いたところ、「通いやすさ」が51.5%と最も多かったものの、「スタッフの対応」が32.5%と2番目に多く、「スタッフの対応もよく、満足のいく結果なので、娘にも通わせています」(40代女性)など、「どのように対応してもらえたか」が満足度につながっているようです。

年代別の結果はお問い合わせください。

【調査概要】期間:2019.10.9~10.14/サンケイリビング新聞社公式サイト「リビングWeb」「あんふぁんWeb」「シティリビングWeb」各Web会員へのアンケート /調査対象:女性 1284人

本件に関するお問い合わせ先
株式会社サンケイリビング新聞社 新規事業開発室   担当:濱村
E-mail:hmmrnozo@sankeiliving.co.jp

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420