リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

くらしHOWマガジン

くらしHOW マガジン vol.09

2015.01発行 / 「家庭志向」主婦が、元気です[くらしHOWマガジンvol.9]

国をあげて「女性活躍推進」の掛け声が盛んなのに女子大生の専業主婦願望が高まっているという。働く女性が幸せそうに見えないとか、ラクをしたいといったことよりも、「自分らしさ」を大事にした生き方ができそうに思えるから。セレクトショップなどでも食器や生活雑貨の占める割合が広くなり、モノやコトが生活系へシフトしていっている。暮らし方で個性を表現しようとする「家庭志向」主婦。性別や働き方を包含して、この生き方が未来を拓くかもしれない。

以下より各ページのPDFをダウンロードできるほか、こちらから電子ブックでも閲覧できます。
(iPhoneの場合はアプリダウンロード後、 ID入力で【kurashi09】と入力いただければ閲覧可能です)

この号の電子ブックへ

特集 『ハウスワイフ2.0』日本でも!? 「家庭志向」主婦が、幸せを実感

少子化対策の一環で政府は「女性の社会進出」を重要課題として様々な施策を打っている。が、手本としたアメリカでは高学歴・ハイキャリア女性による主婦回帰の流れを紹介した書籍「ハウスワイフ2.0」が大きな注目を集めている。日本でも働く女性の間で話題になり、会社に使われず、家庭を軸に丁寧に暮らすことを目指す姿に共感する女性も数多い。インターネットが普及したことで、以前は社会とつながりを持ちにくかった専業主婦でも、ブログで料理のワザを発信するなど、特技を生かして活躍する人が出てきた。従来の主婦像とは違う「家庭志向」主婦のニーズを探ってみた。

 

8割弱の主婦が、家庭志向
ニーズは“時間をつくる”“暮らしの質を高める”
PDFのダウンロードはこちら(「家庭志向」主婦が、幸せを実感)

 

リビング新聞の「SHUFU-1」は、進化する主婦の宝庫
「家庭志向」主婦の気分を学ぶ
PDFのダウンロードはこちら(SHUFU-1 P04-05)
PDFのダウンロードはこちら(SHUFU-1 P06)

 

【 データ&インタビュー特集】

どうなる? 2015年 主婦目線の家計予報

景気の先行きが不透明なまま迎えた、2015年。消費税増税は先送りされたものの、増えない収入に物価上昇…家計を預かる主婦たちは、どんな対抗策を講じているのだろうか? 716人に聞いた消費感データと14人のミセスの“メリハリ消費インタビュー”から、一般家庭の家計の動きが見えてくる。

 

データで見る、家計のやりくり事情
PDFのダウンロードはこちら(データで見る家計やりくりP08-09)
PDFのダウンロードはこちら(データで見る家計やりくりP10)

 

14人のミセスに聞いた
家計のやりくり、こだわりポイント
PDFのダウンロードはこちら(ミセスに聞いた家計やりくりP11)
PDFのダウンロードはこちら(ミセスに聞いた家計やりくりP12-17)
PDFのダウンロードはこちら(ミセスに聞いた家計やりくりP18)

 

【 全国リビング新聞編集長が語る】
女性が動く、地域が動く成功企画
PDFのダウンロードはこちら(編集長が語る)

 

リビングくらしHOW研究所 活動のご案内
女性のための生活情報企業として約40年の実績をもつ「リビング新聞グループ」のマーケティング・カンパニー「リビングくらしHOW研究所」は、女性の生活・消費意識と、その背景となる心理について、ウェブサイト、マガジン、セミナー・研究会などで情報を発信。女性市場にアプローチする企業のパートナーとして活動しています。
PDFのダウンロードはこちら(活動案内)

 

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420