リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ女性の素顔と気持ち

下着の“勝負”は、旅行、温泉、ジム、病院

「勝負下着がある」と答えた主婦は、全体の約2割程度。所持率は若い世代ほど高く、20代は4割近くに。気になるのは“勝負”の実態です。「夫と一緒に寝るとき。かわいい色で刺繍など凝ったもの」(28歳)など、若い夫婦ならではのラブリーな声も。でも、実際に多かったのは「旅行や温泉、ジムなど人に見られるようなときは最低限上下揃った物にする」(45歳)、など、人に見られる日。そして「大事な仕事があるときや同窓会のとき」(27歳)など、“気持ちで勝負の日”という意見。下着には、気持ちにスイッチを入れる役割もあるんです。リビング大阪Web https://mrs.living.jp/osaka/a_column/article/2669619

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420