リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

News

PPPを基軸に実務スキルで自治体事業を支援する「地方創生研究室」をオープン

女性や地域に密着したマーケティングデータを研究している、リビング新聞グループのシンクタンク、㈱リビングくらしHOW研究所(所在地: 東京都千代田区、代表取締役社長:和田直樹)は、PPP(Public Private Partnership)を基軸にした、実務スキルで自治体事業を支援。

本日 5月24日から、くらしHOW研究所サイト内に 行政・自治体と民間の協働事業事例などを研究・紹介する「地方創生研究室」を立ち上げました。

くらしHOW研究所 地方創生研究室
https://www.kurashihow.co.jp/sousei/

 

 ★主なコンテンツ

【研究テーマ】
 (1)自治体プロモーション
  具体的で自走・継続・検証可能な支援策を研究。
  定住移住・観光・市民プライド醸成・最適流通ルート(販路・情報拡散)
  の開発のほか、官民協働で実施された自治体プロモーションの事例を紹介。

https://www.kurashihow.co.jp/sousei/s_c/rt/rt_01/

 (2)情報発信・調査分析
  自治体事業の効果検証・広告効果換算や調査・分析(再分析含む)、
  戦略策定・策定検証事例のほか、自治体推進事業のプロジェクトデザイン、
  効果の高い広聴広報・情報発信手法など。

https://www.kurashihow.co.jp/sousei/s_c/rt/rt_02/ 

 (3)自治体職員や市民の研修・ワークショップ
  「地方創生」「シティプロモーション」「広報」等に関する職員向け研修のほ
  か、市民リーダーの育成、官民協働事業セミナ一や政策課題に対応する具体的
  なワークショップなど。

https://www.kurashihow.co.jp/sousei/s_c/rt/rt_03/

【課題解決事業】
 当研究室では、さまざまな領域のプロフェショナルが行政・自治体の事業に関する調査・効果検証・課題抽出のほか、地方創生事業のクオリティー向上支援、アウトカムに特化した下記の具体的なスキルの提供をし、その具体例を自治体の担当者様と共有化しています。

 

■自治体職員向け研修、課題解決型ワークショップ
https://www.kurashihow.co.jp/sousei/s_c/psp/psp_01/

■住民・市民リーダー向けスキルアップ研修、セミナー、ワークショップ
https://www.kurashihow.co.jp/sousei/s_c/psp/psp_02/

■調査・分析及び戦略研究・戦略策定
https://www.kurashihow.co.jp/sousei/s_c/psp/psp_03/

■地方創生プロジェクトの具体策のアイディア
https://www.kurashihow.co.jp/sousei/s_c/psp/psp_04/

自治体事例は、取材または、運営担当者の寄稿による掲載になっています。
具体的なポイントなど、自治体行政の皆様にお役に立てる事例を掲載して
まいります。

【本リリースに関するお問い合わせ】
リビングくらしHOW研究所 地方創生研究室 担当:石川 香里
TEL:03-5216-9420 FAX:03-5216-9430 E-mail:info@kurashihow.co.jp

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420