リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ自主調査レポート

【未就学の孫がいる女性】祖母から孫への贈り物・与える物(2014年/全国)

●孫や娘・嫁に相談せずに贈っている物の上位は、「乳児服」「子どもの普段着」「知育玩具」。同じ衣類でも、高額な 「おでかけ着」は、相談せずに贈ることはあまり多くない。全般に娘世帯との方が、「一緒に買いに行く」が多い。
● クリスマス・誕生日プレゼントは、娘世帯では「リクエストを聞く」、息子世帯では「お金を贈る」が高ポイントと、はっき り分かれた。
● 孫のために飲食物を買う際、「お菓子」「ジュースなど飲料」は、4割近くがママの希望を聞いている一方、「特に希望 は聞かない」祖母も4割近くおり、二分している。ママ側の調査では「祖母が子どもにお菓子を与え過ぎる」という意見が 多く見られ、希望を聞かない祖母に対しては不満が高いようだ。
● 孫が遊びに来るときの食事は、「孫が喜ぶ料理」がトップ。祖母が腕を振るう様子が浮かぶ。注目は「普段は食べな い高めの外食」が、息子世帯が娘世帯より10ポイント以上高い点。お嫁さんとの味の違いにも気を遣うし、外食で普段 食べないおいしいものを食べた方がラクというのが、義母としての本音か。
● 孫に対する消費金額も娘世帯への方がすべての項目において高くなっている。
● 半数の祖母は、孫のために商品やサービスについての情報収集をしている。フリーアンサーでは、ネット利用が多く見られた。祖母とはいえ、50〜60代の多い世代は、ネット利用も当たり前なのだ。 祖母の4人に1人はスマホ利用者でもある。
●「 セダン型から8人乗りのワンボックスへ」「孫が倒れても平気なようにコルクマット」を―など、孫や娘・嫁のために購入したものは多岐にわたる。購入する際、娘・嫁の意見を参考にした人は5割。 孫のために何かしたいが、孫のことはよく分からない。そのため、祖母の孫消費は、娘・嫁(=ママ)の意見に左右される。

 

【調査日 : 2014年5月21日〜6月1日】
【調査対象 : リビングWebメルマガ会員、リビングパートナー】
【調査方法 : Webアンケート】
【集計数 : 229件/未就学の孫がいる女性】

関連記事

関連記事はありません

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420