リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ自主調査レポート

[主婦]ネイルケア・ネイルカラー調査(2007年/全国)

●ネイルケアを「している」人は、全体で34.7%。最も多かったのは「月に1> 2度する」15.2%。ネイルカラーを「している」人は、25.8%。ペディキュアを「している」人55.4%では、「季節によってはしている」人が43.8%と圧倒的。

【調査日 :2007年4月26日~5月1日実施】
【調査対象 :全国の20代~60代既婚女性】
【調査方法 :リビング新聞のウェブサイト「えるこみ」にアンケートを掲出】
【集計数 :1013人】

<ケア・カラーの実施率>
●ネイルケアを「している」人は、全体で34.7%。最も多かったのは「月に1~2度する」15.2%。ネイルカラーを「している」人は、25.8%。ペディキュアを「している」人55.4%では、「季節によってはしている」人が43.8%と圧倒的。
●いずれかを「している人」の1ヵ月にかける費用は、「500円未満」57.7%が最も多い。
●ネイルに積極的なのは、「20代」と「フルタイム勤務の女性」、消極的なのは「30代・40代の専業主婦」と「高齢のワーキング主婦」層であった。

<ケア・カラーの内容>
●「爪を切る」以外にどんなお手入れをしているかについて、全体では「やすりで爪の形を整える」52.4%、「ハンドクリームなどをぬる」50.4%が半数以上を占めた。
●ネイルカラーをしている人に「一番好きなカラー」を聞くと、全体では「ピンク・ベージュなどのナチュラルカラー単色系」63.0%が最も多く、次いで「フレンチネイルなどのシンプル系」19.1%、「ラメ・ラインストーンなどを使ったキラキラ系」13.2%となった。
●ペディキュアをしている人の「一番好きなカラー」では、「ナチュラル系」39.4%、「レッド・ブラウン・ブルーなどのモードカラー系」26.6%、「キラキラ系」24.5%となった。
●お手入れをしない理由をそれぞれの項目の「していない」人に聞くと、<ネイルケア>では、「面倒くさい」50.4%、「時間がない」45.8%。<ネイルカラー>では、「家事や育児、趣味などのさまたげになる」53.3%が最も多く、<ペディキュア>では、「興味を感じない」43.3%となった。

<ネイルサロン>
●ネイルケア、ネイルカラー、ペディキュアのいずれかをしていると回答した人で、今までにネイルサロンへ行ったことの「ある」人は、33.8%。年代別では10> 20代の55.4%が最も多く、若い年代ほど利用している。
●行ったことのあるサロンをどのように知ったのかを聞くと、全体では「店の看板など」39.8%、「クチコミ」31.3%、「フリーペーパー」23.7%と続く。
●ネイルサロンを選ぶ基準について、全体では「値段」36.3%、「場所」18.9%、「デザインセンス」14.6%となった。
●ネイルサロンに行ったことのない人のうち、「行ってみたい」人は67.9%。行くとしたら、いちばん気になるのは「値段」62.2%が圧倒的。

関連記事

関連記事はありません

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420