リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ働く女性の今とこれから研究室

【働く女性REAL】ワーキングマザーLINE調査「自分時間について」(2017年)

フルタイムワーキングマザー10人を対象に、LINEグループトークで「自分時間」について調査。14日間の調査期間中に過ごした「自分時間」について投稿してもらい、その特徴を探った。

  • 基本的に、平日は「仕事以外の子どもが寝ている時間」がワーママの自分の時間。睡眠時間や昼食時間を削って、30分~1時間程度の自分時間を捻出している。(子どもを寝かせつけながら自分も一緒に寝てしまったりすると、自分時間が全くないということもある)
  • 平日のランチ休憩は、外で過ごせる貴重な自分時間。
  • 通勤時間や仕事の移動時間を読書に活用するワーママも。
  • 早朝や夜遅くに、アロマをたく、趣味に没頭する、ドラマを見るなど子ども・仕事・家事から離れてリフレッシュ。「今がチャンスと牛乳を泡立ててカプチーノ」など、わずかなスキマ時間も見逃さない。この大切な時間をさらに幸せにする商品やサービスのニーズは高い。
  • 週末、夫に子どもを見てもらえるワーママは、まとまった時間が手に入る。料理教室に行ったり、友人と食事をしたり、外での自分時間も充実できる。夫の協力の有無が、ワーママの自分消費を活性化するひとつのカギであることがわかる。
  • 「誰にも気兼ねせず」「時間を気にせず」「邪魔されることなく」過ごす自分時間が希望という声多数。
  • 夜に過ごすことが多い自分時間のおともは、体へのやさしさを重視。ちょっと上質な自分専用品も。

【調査期間: 2017.11.09~11.22】
【調査方法: LINEのグループトーク】
【調査対象: フルタイムワーキングマザー10人(保育園ママ5人、小学生ママ5人)】

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,038,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420