リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

News

~主婦のエイジング意識についてのアンケート~
大人の女性の条件は「品格」
おばさんになると失いがちなものは「女らしさ」
最もおばさんっぽさが表れるのは「ボディライン」

 リビング新聞グループのシンクタンクである株式会社リビングくらしHOW研究所(所在地: 東京都千代田区、代表取締役社長 細井英久)では、全国の既婚女性716人を対象に「エイジング意識について」の調査を実施。“大人の女性“や”おばさん“の一般的な特徴や、自身についてはどう思うかなどを聞きました。

詳細レポートはこちら

エイジング意識についてのアンケートレポート

 

 20~60代すべてで、大人の女性の条件1位は「品格」

 30代以上は「自分はおばさんの要素が大きい」と思っている人が多数派 

 

 主婦が思う“大人の女性“が持ち合わせている条件の1位は「品格」(グラフ1) 。年代別でも、20代~60代のすべてで8割近くのポイントを集めて1位に。そのほか上位は「たしなみ」68.0%、「落ち着き」67.0%、「ココロの余裕」64.2%、「寛容さ」58.8%と、内面の成熟が必要と考えられています。また「女らしさ」も53.9%のポイントを集めました。この「女らしさ」は、「おばさんになると失いがちなもの」の1位(グラフ2)でもあり、“大人の女性”か“おばさん”かを左右する要素の一つといえそうです。

 「おばさんになると得られるもの」の1位はダントツで「度胸」(グラフ3)。大人の女性の条件の上位に入っている「ココロの余裕」や「寛容さ」「落ち着き」も、各2割程度の人がおばさんになると得られるものに挙げています。

 

 自分自身について「大人の女性とおばさんのどちらの要素が大きいか」を尋ねると、20代は「大人の女性>おばさん」が7割超ですが、30代以上は「大人の女性<おばさん」 が過半数を占めます(グラフ4) 。年代が上がるにつれ「おばさんの要素が大きい」の割合がじわじわ増えるものの、30代から60代まで「どちらかといえばおばさんの要素が大きい」が5割近くと多数派です。

 

この11年で“おばさんっぽさ”はよりビジュアル重視に

最も気になるのはボディラインだが、気を付けて努力している人は約4

 一般的におばさんっぽさが表れやすいと思う点を聞いたところ、1位「ボディライン」、2位「ファッション」、3位「ヘアスタイル」、4位「姿勢」という結果に。2008年に行った調査では、1位「ファッション」、2位「しぐさ」、3位「会話の内容」、4位「ヘアスタイル」でした(2008年は選択肢に「ボディライン」はなし)。2019年と2008年を比較してみると(グラフ5)、「会話の内容」「しぐさ」「公共マナー」「言葉遣い」のポイントが大きくダウン。この11年で、女性たちの”おばさんっぽさ“定義は、よりビジュアルがキモになっています。

 

 自分自身が「おばさんっぽい」と感じたことが「よくある」人は30.4%、「時々ある」人は59.2%。おばさんっぽさを自覚した点のトップ3は「ボディライン」「会話の内容」「姿勢」(グラフ6)。おばさんっぽくならないために努力していることがある人は67.7%で、ファッションや姿勢、ヘアスタイルに気を付けている人が多くなっています(グラフ7)。「ボディライン」について努力している人は40.6%で、最もおばさんっぽさが表れやすいと思いつつも、キープする努力は難しい箇所のようです。

 

【調査概要】期間:2019.4.10~4.14/ サンケイリビング新聞社公式サイト「リビングWeb」「あんふぁんWeb」「シティリビングWeb」でのアンケート / 調査対象:既婚女性 /集計数:716人

【回答者プロフィール】20代4.9% 30代26.8% 40代31.0% 50代25.7% 60代11.6%/フルタイムワーク24.2% パート・アルバイトワーク29.7% 専業主婦42.2% そのほか3.9% データは小数点2位以下四捨五入

 

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420