リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

News

【ニュースリリース】ミドル女性の5割以上がウォーキングを実践しているものの…7割超が専用シューズを履いていない。‟靴に不満あり”は36.9%

リビングくらしHOW研究所では、ヨネックス株式会社とともに、ミドル女性(40代~60代)を対象に、「ウォーキングをする際の靴」についての実態や悩みを調査しました。

ウォーキングを実践している女性の7割超が、スニーカーやフラットシューズを利用そのうち36.9%が足の疲れ、痛みなど、靴に不満あり

40代~60代の女性1000人のうち、「ウォーキングなど定期的に歩くようにしている」のは50.6%〔グラフ1〕。長時間歩く時にどんな靴を履いているか聞いたところ、73.4%がスニーカー、フラットシューズ、パンプス、サンダル他と回答〔グラフ2〕 。意識的に“歩く”ことを心がけてはいるものの、7割以上がウォーキング専用の靴を履いていないことが分かりました。

 スニーカー、フラットシューズ、パンプス、サンダル他を履いている人のうち、靴に不満があるのは36.9% 〔グラフ3〕 。

  

その不満の内容は「足が疲れる」がトップ、次いで「つま先、指などが痛くなる」「足にフィットしない」「通気性が悪い」「足の裏が痛くなる」「ファッションに合わない」と続き、機能性への不満の声が上位に並びました。

他のデータなど詳細は、ニュースリリースをご覧ください。
ニュースリリースPDFはこちら

         

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420