リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ自主調査レポート

【男女】夫の家事参加・育児参加に関するアンケート(2013年/全国)

10 月19 日(土)の「イクメンの日」を前に男女それぞれに「夫の家事参加・育児参加」に関する調査を実施した。

■ 夫は家事に参加しているか?に7 割の夫が「はい」 「夫(自分)は家事に参加している」と答えた夫は70.4%。妻の回答では夫が家事をする人は55.2%で、その差は15%。さらに家事参加への満足度を聞くと、60.6%と半数以上の妻が夫の参加に満足している。ちなみに、男性の自分の家事参加への満足度はさらに高く75.7%という結果に。ただし実際に声を聞くと、お互いに言いたいことがあるよう。

■ 言わなくても自主的に担当してほしいのは自動車や風呂の掃除 妻が夫に「言われなくても自分からしてほしい」家事1位は“掃除”だった。自動車・自転車の掃除や、風呂、庭などは、“言われてする手伝い”ではなく、自分で気づいて掃除する“担当者”になってほしいと考えている。ゴミ出し・風呂掃除は「やってもいい」と思う夫が多い家事。ただし風呂掃除は「やりたくない」家事でも3 位。

■約8 割のパパが育児に参加。うち75.3%が自分の育児に満足 20 ~ 40 代の子どもを持つ男性の約8 割が「育児に参加している」と回答。この状況に、妻の65.6%、夫の75.3%が満足。さらに、夫の育児参加を採点してもらったところ、夫は100 点満点中67.4 点、妻は66.8 点とほとんど点差はなかった。しかし、家事と同様、フリーアンサーでは悩みや不満がいろいろあるようで・・・。

■夫に「言わなくてもしてほしい」おむつ替えは、夫が「やりたくないこと」1 位 夫が「やってもいいな」と思う第1 位「子供と遊ぶ」は、妻にとっては「言わなくても自分からしてほしいこと」の第3 位。「風呂に入れる」はともに2 位。一方で、妻が「自分からやってほしい」と望んでいて、夫がやりたくないことの第1 位は「おむつ替え(トイレの世話)」。

 

<調査概要>
◆リビング新聞調べ
◆調査時期 : 2013/09/05~09/11
◆調査方法 : リビングweb/リビングパートナー/産経新聞iPhone 版・Android 版でWEBアンケート
◆調査対象 : 既婚男女
◆サンプル数 : 既婚男性227人、既婚女性351人

関連記事

関連記事はありません

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420