リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ業界インタビュー

ワイヤーとノンワイヤーのいいとこ取りで 女性のカラダを解放するブラの潮流

取材日:
株式会社ワコール 総合企画室 広報・宣伝部 宣伝・PR課 金岡 茉莉子 さん

くらしHOW研の調査によれば、今、女性がブラジャーを購入する際に最も重視するのは、「着け心地のよさ・快適性」だ。ただし、バストをきれいに見せるというブラジャーの機能は大前提。ここ数年で、美しさと快適性を両立する「サードウェーブ・ブラ」というジャンルが急成長し、ブラジャー選びに「新たな快適性」という選択肢がオンされたのだ。ワコール広報・宣伝部の金岡茉莉子さんに、ブラジャーの新しい潮流について、話を聞いた。

「サードウェーブ・ブラ」は、ワイヤーブラとノンワイヤーブラのいいとこ取りをした商品です。ワイヤーブラは、主に金属性のワイヤーで胸を支えて美しいシルエットを作るブラジャーですが、どうしてもからだを締め付ける印象を持たれる方も、多くいらっしゃいます。
一方、元々あったノンワイヤータイプは、やわらかいのですが、支える力が弱いものが多いのです。

 

「サードウェーブ・ブラ」は、ワイヤーの代わりにやわらかい樹脂のフレームを使うことで、肌にフィットする快適な着け心地と、バストをしっかり支えて美しいシルエットを作る“造形性”の高さの両方を実現したブラジャーです。

これは開発の段階から異なっていて、従来のブラは、機能性を進化させることからスタートし、そのうえでどこまで快適にできるかを考えるのですが、「サードウェーブ・ブラ」では、まず快適性から考え、そこに機能をのせていきます。

***
締め付け感など身体にかかるストレスからの解放を求める動きは、エフォートレスのような最近のファッショントレンドともリンクしており、さらには今の女性の“無理をせず、自分らしくいたい“という生き方ともつながっていると考えています。
ワコールでは、このジャンルを“新・解放系”と名付けて、幅広い世代に向けたブランドで展開中です。

業界インタビュー5_2

ポップな色遣いやかわいいプリント、レース遣い…。シンプルなものが多かった「サードウェーブ・ブラ」だが、普及が進むにつれ、高いデザイン性が求められるようになってきた

 

 

 

 

 

 

 

 


ただ、一つお伝えしたいことは、実はワイヤーブラの締め付け感って、自分の身体に合ったものを選んでいれば、そんなに感じないはずなんです。
ワコールの調査では、なんと女性の71%がご自分のバストサイズを勘違いしており、そのうちの54%が小さいブラを着けていたというデータが。


日々バストのサイズと形は変わるので、以前測ったサイズでは合わなくなっている、ということも。
お客様には、採寸や試着はぜひ買う度にしていただきたいのですが、残念ながら「面倒で」とあまりなさらない方が多いですね。

***
サードウェーブ・ブラの市場はまだまだ伸びると考えています。
でも、高い造形性を求めて、やはりワイヤーブラ派という方も多くいらっしゃいますし、まったく入れ替わってしまうということはないでしょう。


下着は、単なる実用品ではなく、身に着けることによって気分が上がったり、気合が入ったりすることもある、女性のメンタルと結びついているもの。
ですから、今後は、例えば仕事でプレゼンする時はワイヤーを、リラックスする時はサードウェーブを、というようなシーンや気持ちに合わせた、ブラの使い分けがさらに進むのではないでしょうか。

(取材は2017年7月)

関連記事

関連記事はありません

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420