リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ女性の素顔と気持ち

働く女性の朝食の悩みは?

メニュー内容は「主食メインの軽食(パンやサンドイッチ、おにぎりと飲み物など)」が51.3%と最多。よくとっている栄養素や成分のトップは「炭水化物」67.3%で、次にポイントが高い「タンパク質」42.0%、「乳酸菌・ビフィズス菌」39.7%と大きな差があることからも、栄養をとることより空腹を満たすことが優先されている様子。「ごはんものの方が腹持ちはいいが、パン食に比べると洗い物が増えるので避けがち」「時短を考えると毎回同じメニューになってしまう」「寝たい気持ちが強いので、すぐに食べられる炭水化物のみが多い。野菜がないので将来不安」など、時短と朝食の内容のバランスに悩む声が目立ちます。
https://www.kurashihow.co.jp/markets/14640/

関連記事

関連記事はありません

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420