リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

不況下の女性の価格感覚変化にみる消費マインド・レポート(2009年/全国)

全21品目の「値ごろ感」をPSM分析により算出。女性の価格感覚と暮らしのゆとり感の経年変化を調査・分析したデータレポートです。2009年5月27日~6月7日調査。20歳以上の女性3563人について回答を得ました。

 

第1章 ゆとり感の変化 2007-2009
セグメント別、暮らしの経済的ゆとり感の変化

第2章 2009年の価格感の変動
1.値ごろ感が下落した品目例
「女性用ジーンズ・カジュアルパンツ」「婦人靴」「自分の生命保険の掛け 金」
「豆腐」「化粧水」「美容室」「自分の習い事の費用」

2.値ごろ感の変化が少ない品目例
「ランチの外食」」

3.シニアミセスの変化~値ごろ感が下落した品目例
「ランチの外食」「夕食の外食」

シニアミセスの変化~値ごろ感が上昇した品目例
「豆腐」「食パン」「シャンプー」

4.値ごろ感が大きく上昇した品目例
「子供の学習塾などの費用」

 

※データ転載などの場合は、下記の手続きをお願いいたします。
(印刷物、サイト、外部向け発表資料などへの無断での転載はご遠慮ください。)
※下記フォームより、使用を希望するデータ、使用の目的(掲載媒体名など)、時 期、御社名および御担当者名をご連絡ください。

お問い合わせフォーム

 

<調査概要>
【調査日 : 2009年5月27日(水)~2009年6月7日(日)実施】
【調査方法 : Webアンケート サンケイリビング新聞社のウェブサイト「えるこ み」「あんふぁんぶる」「シティウェーブ」にアンケートフォームを掲出。各サイ トのメールマガジンでも誘引】
【集計対象 : 20歳以上の女性で、就労タイプがフルタイム就労、パート・アルバ イト就労、専業主婦のいずれかに当てはまる人。PSMの数値は、品目ごとに「よ く買う(利用する)」「まあまあ買う(利用する)」と回答した人を集計。】
【有効回答人数 : 3563人】
【担当 : 藤田】

 

<回答者プロフィール(2009年)>
【年代 : 20代 12.9%、30代 46.1%、40代 27.1%、50代以上 14.0%、平均 年齢 39.2歳 】
【未・既婚 : 未婚25.5%、既婚74.5%】
【子供の有無 : あり54.8%、なし45.2%】
【就労 : 専業主婦42.4%、パート・アルバイト37.8%、フルタイム19.8%】
【居住地 : 首都圏55.0%、京阪神25.6%、そのほか19.4%】
【リクルートメディア : シティウェーブ・@City 25.2%、えるこみ・めー るリビング73.1%、あんふぁんぶる・あんふぁんぶる通信1.6%、そのほか0.1%】

PDFのダウンロードは こちら

 

 

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420