リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ自主調査レポート

【主婦・OL】自分と社会の“幸福度”調査(2012年/全国)

主婦・OL2000人に聞いた、自分と社会の“幸福度”調査結果、半数以上が「日本の社会は幸福でない」と回答。

【調査概要:全国を対象としたWebアンケート 合計有効回答数:2006】
【調査方法 :(1)主婦を対象としたWebサイト「えるこみ」上のアンケート
有効回答数:1568 調査期間:2012年02月16日~22日】
【調査方法 :(2)OLを対象としたWebサイト「citywave」上のアンケート
有効回答数:438 調査期間:2012年2月28日~3月2日】
 ※一部異なる設問あり※PDFデータはこちらからご覧ください。

●主婦とOLを対象に“自分と日本の社会の幸福度”についてのWebアンケートを行った結果、
個人の幸福度(満たされて幸せだと感じる度合い)は比較的高いのに対し、
半数以上が日本の社会は「幸福でない」と評価していることがわかった。
●個人の総合的な幸福度(平均)がもっとも高いのは60代以上、もっとも低いのは20代以下。
●10年後の幸せな社会の実現のためにもっとも大切だと思うことは「平和」、次いで「年金問題」。
ほか景気関連の3項目すべてが10位以内。
●もっとも大切なひとつを選ぶと、「政府や政治への信頼」が7位にランクイン。
 

関連記事

関連記事はありません

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420