リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ自主調査レポート

[OL]不眠調査(2006年/首都圏)

●首都圏のOLに不眠の症状があるかを聞いたところ、「慢性的にある」6.4%、「たまにある」28.9%となった。
●首都圏のOLに不眠の症状があるかを聞いたところ、「慢性的にある」6.4%、「たまにある」28.9%となった。
●不眠の症状がある人に、不眠の原因は何だと思うかを聞いたところ、「ストレスがたまっている」80.5%、「疲れがたまっている」58.1%、「不規則な生活」40.1%と続く。
●不眠対策としてやっていることを聞いたところ、「お風呂で温まる」43.3%、「リラックスできる香りを活用する」28.4%、「ストレッチをする」24.9%。
●不眠改善のために医薬品を利用する人に、飲んだことがある商品を聞くと、「ドリエル」が52.9%と圧倒的。

【調査日 :2006年10月実施】
【調査対象 :首都圏の女性】
【調査方法 :シティリビングの公式サイト「Citywave」でのWEBアンケート】
【集計数 : 989人】
 

関連記事

関連記事はありません

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420