リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ自主調査レポート

[主婦]孫にかけるお金調査(2001年/首都圏)

●2001年の孫にかけるお金調査では、もらったお年玉に対し祖父母からの割合が5割近くを占め、年間では平均2.3回のプレゼントを受け取っていた。

【調査日 :2001年1月実施】
【調査対象 :首都圏の子供のいる既婚女性】
【調査方法 :リビング新聞(首都圏5版)紙面にアンケートを掲載】
【集計数 : 300人】※下記の添付ファイル「 count.pdf 」は集計表、「report.pdf」はレポートです。

●2001年の孫にかけるお金調査では、もらったお年玉に対し祖父母からの割合が5割近くを占め、年間では平均2.3回のプレゼントを受け取っていた。
●祖父母からのプレゼントが多いのは長子の年齢が0~6歳の世代で年3回以上が4割に上る。プレゼント以外に、祖父母から何らかの金銭援助を受けている世帯は37%。
●日本百貨店協会が提唱した「孫の日」は全体で56%が認知。
●祖父母からのプレゼントや金銭援助について、多くの主婦は「感謝している」(33%)のだが、中には「物を大事にしなくなるので与えすぎないで」(28%)といった困惑も伺えた。

関連記事

関連記事はありません

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420