リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ自主調査レポート

[主婦]ミセスのお金の使い方調査(2001年/首都圏)

●家計を1年前と比べた結果、明らかに増えたのは通信費と教育費。
●家計を1年前と比べた結果、明らかに増えたのは通信費と教育費。
●減ったのは貯蓄・資産運用だった。ただし、教育費は50歳を境に負担が激減する。
●ゆとりがあれば何をしたいか、選択肢を5つ挙げて聞いたところ、「芸術やスポーツを楽しみたい」31%、「スキル向上や資格取得」と「美や健康の維持・増進」が25%。
●具体的にしたいことをフリーアンサーで尋ねた結果、最も多いのが旅行、次いで音楽・映画鑑賞、パソコンも4番目に登場。
●自分のためだけに使う費用は、平均1ヶ月に2万4331円だが、1万円以下が35%を占めた。その主な使い途は、美容院、衣服、外食に習い事がベスト4。妻がしたいと思うことを実行に移すとき、「夫は頼りになる」と答えたのは54%。

【調査日 :2001年1月実施】
【調査対象 :首都圏の既婚女性】
【調査方法 :リビング新聞(首都圏2版)紙面にアンケートを掲載、同時に読者組織リビング・パートナーにFAXアンケートを実施】
【集計数 : 300人】
 
※下記の添付ファイル「 count.pdf 」は集計表、「report.pdf」はレポートです。

関連記事

関連記事はありません

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420