リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ自主調査レポート

[女性]冬ボーナス調査(2002年/首都圏)

●2002年冬はボーナスの貯蓄配分比率がじわり減少。
●2002年冬はボーナスの貯蓄配分比率がじわり減少。
●3人に1人は、世帯のボーナス額にかかわらず、自分の欲しいものを購入。
●消費の中身は、衣類、日常の赤字補填、旅行、お付き合い費が30%を超える。

【調査日 :2003年1月実施】
【調査対象 :首都圏の女性】
【調査方法 :リビング新聞(首都圏12版)紙面にアンケートを掲載】
【集計数 : 432人】
 
※下記の添付ファイル「 count.pdf 」は集計表、「report.pdf」はレポートです。

関連記事

関連記事はありません

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420