リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ自主調査レポート

女性が選ぶフードジャー 利用率第1位は「サーモス」

女性のための生活情報紙を発行するサンケイリビング新聞社では、読者が選ぶお勧めの商品やサービスを様々な切り口で調査し、結果をランキングにして発表するWebコンテンツ「ウーマンリサーチ」を展開しています。 
https://mrs.living.jp/woman_research/topics/3643045

注目度が高いフードジャー。購入時に重視するポイントは?
温かい食べ物が恋しくなる季節。リビングくらしHOW研究所では、全国のWeb会員約428,000人を対象にフードジャーに関するアンケート調査を実施。回答者1771人中、フードジャーを「持っている」人は40.2%、「持っていないが興味がある」人は78.5%と注目度が高い結果となりました。ユーザーが重視するポイントやフードジャーの魅力、活用法などについて詳しく聞きました。

女性が選ぶフードジャー 利用率トップ3は「サーモス」「象印マホービン」「タイガー魔法瓶」
購入理由は「外でも温かい料理が食べられる」「ランチが楽しくなる」
1番利用しているフードジャーを聞いたところ、利用率第1位は「サーモス 」、第2位は「象印マホービン」、第3位は「タイガー魔法瓶」となりました。

購入理由は「外でも温かい料理が食べられる」が85.1%と最も多く、次いで「ランチが楽しくなる」、「外でも冷たい料理が食べられる」という結果となりました。「温かいものを温かく、冷たいものを冷たく食べられると、食べるときの幸せ度が違います。」(30代女性)など、保温・保冷機能への期待はもちろん、「ランチをおいしく楽しく食べたい」と購入した人も多いようです。

◆ユーザーは「保温性」を重視、魅力は「おしゃれに見える」「手抜き感がバレない」など
フードジャーを持っている人に「購入の際に最も重視したこと」について聞いたところ、「保温性」が28.1%と最も多く、次いで「価格」、「洗浄のしやすさ」の順となりました。保温性・価格はもちろん、洗浄のしやすさなど日常的な手入れのしやすさも、使用する上で重要なポイントとなるようです。

フードジャーの魅力については、「職場でインスタントではなく手作りのスープを温かいまま飲めることはとてもいい。 お弁当のハードルが下がった!」(30代女性)、「おでんやカレーなどを入れたときはお弁当のおかずがなくてもいいので、ラク。それでいてなんとなくおしゃれに見えるので手抜き感がバレないところが重要! 」(40代女性)、 「家で作ったスープを持ち運べるので節約にもなり、栄養バランスも考えられる」(50代女性)など、手軽に温かいものを持参でき、ヘルシーさやコスパ面からも満足感を得られるなど、様々な魅力があるようです。中には「とにかく毎日の離乳食にオススメ!メインがお粥の時期は朝セットしておくだけで、好きな時にジャーから注ぐだけ。 お粥を食べていない上の子にはお弁当にジャーでお味噌汁も持たせてあげたら、温かくておいしいと言ってくれました。」(30代女性)というママの声も。

このほか、ユーザーが普段どんなメニューをフードジャーに入れているかについても聞いています。

詳しくは、下記PDFをご覧ください。

【調査概要】期間:2019.8.21~8.25/サンケイリビング新聞社公式サイト「リビングWeb」「あんふぁんWeb」「シティリビングWeb」各Web会員へのアンケート /調査対象:女性 1771人

本件に関するお問い合わせ先
株式会社サンケイリビング新聞社 新規事業開発室   担当:濱村
E-mail:hmmrnozo@sankeiliving.co.jp

関連記事

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420