リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ自主調査レポート

昼の会食・宴会と昼酒についてのアンケート(女性/2017年/全国)

  • 過去1年間に、外食での昼の会食・宴会に参加した人は58.8%。
  • 20代・30代はママ友、学生時代の友人、職場の仲間など、多様な仲間と昼に宴会をしている。60代以上では、習い事・趣味の仲間との会が4割を超えた。
  • 昼宴会を行った場所はイタリアンやフレンチなど欧風レストラン、和風居酒屋、ホテルレストランの順。
  • ママ友との会には、欧風レストランとカフェレストランが人気で、ファミレスも2割超。
  • 職場の仲間との会では、1位が和風居酒屋、僅差の2位が欧風レストラン。次いでホテルレストランの順。
  • 習い事・趣味の仲間との会は、欧風レストラン、和風居酒屋、カフェレストランがトップ3。
  • 昼の宴会で払った金額は、ママ友会は2500円未満が8割弱と抑え目だが、学生時代の友人や職場仲間、趣味仲間との会は、ほぼ半数が2500円以上。職場仲間との会では、4500円以上という回答も2割あり、昼としては高めな宴会も行われている。
  • 店選びで外せないのは、まず「料理のおいしさ」「価格」だが、「時間制限がなくゆっくりできる」「個室・貸切」の要望も多い。
  • ママ友会はほかの仲間との会よりも「価格」重視。「時間制限なくゆっくりできる」「個室・貸切」「子連れに優しい」が「交通アクセスが良い」よりも上位に来ており、子連れでも気兼ねなく長居できる店を選んでいることがわかる。「子連れに優しい」を具体的に聞いた質問では、「キッズメニューがある」「キッズ設備がある」が7割と多かった。
  • 店選びの際最も信頼している情報源は、「グルメサイト」「リアル口コミ」が2強。若い年代ほどグルメサイトの割合が高く、リアルよりもネットの情報を信頼している。一方、50代以上は「リアル口コミ」が半数超と強い。
  • 5年前と比べて昼にお店でお酒を飲む頻度が「増えた」と答えたのは20代・30代に多く43.2%。
  • 昼飲みに対する意見では、「いいと思う」が30%、「まあいいと思う」が49%と、8割が賛成・容認派。
  • 夜は出かけにくい主婦も昼なら楽しめる、夜よりも気軽に気分転換できるという、昼ならではの利点が挙げられた。

※業界インタビューはこちら
【コロワイド広報 高木潤一さん】

【調査期間: 2017.10.25~10.29】
【調査方法: リビングWeb・シティリビングWeb・あんふぁんWebにてWEBアンケート】
【集計数 : 女性954人(平均年齢:954人)】

関連記事

関連記事はありません

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,038,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420