女性・地域・生活・消費などに関する調査データを、
ジャンル別に閲覧できます。

【働く女性REAL】オフィスで働く女性の夕食事情(2017年/全国)

  • 夕食が遅くなった人の多くが、午後におやつを摂取。でも、17時以降に食べた人は少ない 
  • 理想の夕食は「19時台」という人が56.1%。現実は20時以降に食べた人が約6割。「自宅で」「作ったもの」を食べている人が多数派 
  • 過半数が、週2回以上は20時以降に帰宅。家での遅い夕食に「不満アリ」が6割近く。不満の理由として、「食べてから寝るまでの時間が短くて、翌日胃がもたれる」「おなかがすき過ぎて、食べ過ぎてしまう」「買ってきたものなどで簡単に済ませるので、栄養バランスが気になる」といった声が挙がった
  •  夕食が遅くなったとき、その前の補食として食べることがあるものの上位は「甘い菓子(チョコ・ビスケットなど)」45.3%、「スナック菓子・せんべい」32.7%、「クッキーやバータイプの栄養補助食品」25.3% 
  • 夕食前の補食を選ぶ際、”商品を食べて得られるベネフィット”の中で重視されている上位3項目は「おいしさ」「腹持ちの良さ」「気分転換・リフレッシュできる」。”食べるときや購入時の利便性”で重視されている上位3項目は「短時間で食べられる」「手がよごれない」 「場所を選ばず食べられる」

【調査期間: 2017.06.08~06.13】
【調査方法: シティリビング公式サイト「シティリビングWeb」でのアンケート】
【調査対象: 企業で働いている40代までの女性(全国) 有効回答数 /554】

最新データ情報を配信 くらしHOWメンバー登録
女性活躍支援・女性マーケティング 女性・企業向けセミナー事業
自治体広報をサポート 官民協働事業の取り組み

日常の不便・不満を改善したい

女性が「何とかしてほしい!」と
思っているのはココ!

毎日の暮らしで使っている様々な商品やサービス。女性たちが日常的に感じている「不便・不満の声」を集めました。
今回は、「乾麺」についてを更新しました。

くらしHOW マガジン vol.11

2017.01発行/
人生100年時代
自己投資世代 Gra...

昨年10号で明らかにしたAround50の3大クライシス。 今号の第一特集では、生き方の再創造を求められる「人生100年時代」、折り返し地点を迎えるAR50女性に向けて、クライシスを転...