リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイト

くらしHOW研究所

スペシャルコンテンツ自主調査レポート

[主婦]家族についての意識調査(2011年/全国)

●東日本大震災後、「家族の絆」について、意識や行動が「変化した」「やや変化した」人が57.8%。
●東日本大震災後、「家族の絆」について、意識や行動が「変化した」「やや変化した」人が57.8%。
 半数以上の人が家族の絆についての意識や行動に何らかの変化があったと回答している。
●東日本大震災後、家族についての意識で強くなったことは「家族と一緒に過ごす時間を増やしたい」
 「家族の健康を守るために努力したい」「子どもを守るために努力したい」が上位。
 ライフステージ別に見ると、子どもが小学生以下と小さいうちは、子どもを守る意識が他の世代より高い。
 子どもが大きくなってくると、家族の健康を守りたい、家族間のメール連絡などを増やしたい、
 家族が揃う食事の時間を増やしたいなど、コミュニケーションに関心が向いてくる。


【調査日 :2011年12月実施】
【調査対象 :全国の既婚女性】
【調査方法 :リビング新聞の公式サイト「えるこみ」でのWEBアンケート調査】
【集計数 : 704人】
 
※PDFデータはこちらからご覧ください。

関連記事

関連記事はありません

女性を知る。女性を動かす。双方の領域で力を発揮する

リビングの女性ネットワーク

参加者約1,074,000

女性の『本音』を見つけるため、リアルで力強い反響を引き出すために、リビングの女性ネットワークをぜひご活用ください。

詳しく見る
女性の気持ちと消費が見える

リビングくらしHOW研究所のマーケティングデータを
商品の開発やサービスの改善に生かしませんか?お気軽にご依頼・お問い合わせください

お問い合わせ/調査等のご相談 データの引用・転載方法
電話でのお問い合わせ03-5216-9420