女性・地域・生活・消費などに関する調査データを、
ジャンル別に閲覧できます。

【女性】 46歳以上女性
更年期、美容、健康についてレポート(2016年/全国)

【設問一覧】

Q1. 5年前と比較して“体調”に変化はありますか?
Q2. 「良くなった」または「悪くなった」方に。
          具体的な変化の内容を教えてください。
Q3. 5年前と比較して“気持ち・精神状態”に変化はありますか?
Q4. 「良くなった」または「悪くなった」方に。具体的な変化の内容を教えてください。
Q5. あなたは、更年期についてどう思いますか?
Q6. 更年期を過ごすために、何か対策をしていますか?/何か対策はしま したか?
Q7. 「対策をしている」/「対策をした」人にお聞きします。
          対策内容を具体
的に教えてください。
Q8.  「対策したいけれどできないでいる」/「対策したいと思ったができないでいた」人に
          お聞きします。できないでいる/できないでいた理由を教
えてください。
Q9. 「更年期」について、情報収集をしたり調べたりしたことはありますか? 
          「ある」場合、何で調べましたか?
Q10. 更年期や女性ホルモンについて、次の内容を知っていましたか?
          ■更年期とは閉経をはさむ前後10年ほどの期間で、女性ホルモンが減少する概ね
           45歳~55歳の時期のことをいう
          ■女性ホルモンは40代後半から急激に減少し、やがて分泌されなくなる
          ■女性ホルモンが減少しはじめると、自律神経のバランスが乱れ、ほてり・のぼせ、
            不安・不眠、動悸が激しくなるなどの症状が出ることがある
          ■女性ホルモンが減少しはじめると、肌質や髪質が変わってくる
          ■女性ホルモンが減少しはじめると、骨密度が減りはじめる
          ■女性ホルモンが減少しはじめると、疲れが取れにくくなる
          ■女性ホルモンが減少しはじめると、代謝が低下し太りやすくなる
          ■更年期症状が特にない、不調はあまり感じないので問題がない、という
            わけではない
          ■更年期以降、女性ホルモンが分泌されないことで、
            骨粗しょう症になり
やすくなる   
          ■更年期以降、女性ホルモンが分泌されないことで、中性脂肪やコレステ
ロールが
            増加しやすくなり、高脂血症や動脈硬化を発症しやすくなる
Q11. 現在、健康のために取り組んでいることはありますか?
Q12. 現在、健康のために取り組んでいることがある方にうかがいます。
            い
つごろから、どんなことをやっているか、またその効果を感じているか
            教えてください
Q13. 現在、意識して取り組んでいる美容対策はありますか?
Q14. 現在、意識して取り組んでいる美容対策がある方にうかがいます。
           い
つごろから、どんなことをやっているか、またその効果を感じているか
           教えてください

【調査期間: 2016.10.19~10.26】
【調査方法: 読者女性組織「リビングパートナー」へのWEBアンケート】
【集計数   :46歳~55歳=521、56歳~65歳=238】

最新データ情報を配信 くらしHOWメンバー登録
女性活躍支援・女性マーケティング 女性・企業向けセミナー事業
自治体広報をサポート 官民協働事業の取り組み

日常の不便・不満を改善したい

女性が「何とかしてほしい!」と
思っているのはココ!

毎日の暮らしで使っている様々な商品やサービス。女性たちが日常的に感じている「不便・不満の声」を集めました。
今回は、「乾麺」についてを更新しました。

くらしHOW マガジン vol.11

2017.01発行/
人生100年時代
自己投資世代 Gra...

昨年10号で明らかにしたAround50の3大クライシス。 今号の第一特集では、生き方の再創造を求められる「人生100年時代」、折り返し地点を迎えるAR50女性に向けて、クライシスを転...