女性・地域・生活・消費などに関する調査データを、
ジャンル別に閲覧できます。

【女性】睡眠についてのアンケート(2017年/全国)

  • 平日の起床時刻は6時台、就寝時刻は23時台、平均的な睡眠時間は6時間が最多。日頃、自身の睡眠時間が「少し足りていない」 「まったく足りていない」と感じている人は57.1%、睡眠の質に対して「不満」「やや不満」と答えた人は57.3%で、ニアリーイコール。
  • 睡眠の質への満足感と美容・健康・精神状態への満足度の相関関係では、睡眠の質に「不満」「やや不満」な人は、この3項目への満足度もかなり低い。 不眠は「疲れがとれない」「日中眠い」など日常生活に支障をきたすだけでなく、自己肯定感にも影響を与えるようだ。
  • 睡眠の質に「不満」「やや不満」な人の心当たりのある原因は、「ストレスや緊張」47.3%、「加齢」32.1%、「手足の冷え」32.0%がトップ3。 50代の47.7%、60代以上の74.1%が「加齢」、50代の31.1%が「更年期」 、20代・30代の約3割が「子どもに起こされる」を挙げている。睡眠の質が「不満」な人は「やや不満」な人に比べ、「ストレスや緊張」「体調不良」「うつなど精神的な不調」が原因だと捉えている人が多い。
  • 睡眠のために寝具類にこだわっている人は41.3%、パジャマなど就寝時の服装にこだわっている人は24.8%、寝室の室内環境にこだわっている人は29.4%。いずれについても、睡眠の質に「満足」な層のほうが、「不満」層よりもこだわりを持っている。
  • 寝具類にこだわる人が特にこだわっているアイテムの1位は「まくら」、寝室の室内環境にこだわる人がとりいれているアイテムは「遮光カーテン」「加湿器」「空気清浄機」が上位に。より良い睡眠のために利用しているアイテムでは、「湯たんぽ」「マスク」「アロマ」が3種の神器で、話題の睡眠関連アプリの利用者は1.3%にとどまった。
  • 眠るための準備行動では、「入浴」27.4%、「温かいものを飲む」23.3%、「カフェインの摂取を控える」22.0%がトップ3。睡眠の質別に見ると、「満足」層は「入浴」「ストレッチ・マッサージ」など身体に関わる行動が、「不満」層では「温かいものを飲む」「カフェインの摂取を控える」など飲食に関する回答が、互いを上回る。睡眠の質に悩む人は、睡眠環境や眠るための準備を見直す価値があるだろう。
  • 睡眠負債リスクについての認知度は「免疫力の低下」が66.0%、「うつ病など精神不調」が47.0%、「将来的なアルツハイマーの発症」は22.1%、「糖尿病や高血圧など生活習慣病の発症」は20.7%。「乳がんなどがんの発症」は7.0%と、まだまだ発信の余地があると見られる。

【調査期間: 2017.12.20~12.24】
【調査方法: リビングWeb・シティリビングWeb・
             あんふぁんWebにてWEBアンケート】
【集計数    :女性1215人(平均年齢:45.37歳)】

最新データ情報を配信 くらしHOWメンバー登録
女性活躍支援・女性マーケティング 女性・企業向けセミナー事業
自治体広報をサポート 官民協働事業の取り組み

日常の不便・不満を改善したい

女性が「何とかしてほしい!」と
思っているのはココ!

毎日の暮らしで使っている様々な商品やサービス。女性たちが日常的に感じている「不便・不満の声」を集めました。
今回は、「宅配サービス」についてを更新しました。

くらしHOW マガジン vol.12

2018.01発行/
ワーママ・サードウェーブは “私目線”で進化...

リビングくらしHOW研究所では、昨年「ワーママの実態・意識に関する調査」を実施。その結果を元に、ワークライフバランスや仕事への意欲を軸としてクラスター分析を行い、ワーママを7つに分類しま...