女性・地域・生活・消費などに関する調査データを、
ジャンル別に閲覧できます。

【働く女性REAL】ワーキングマザー実態・意識調査<クラスター別>(2017年/全国)

ここ数年、女性の労働環境は大きな変革期を迎え、働く母親が増加している。
そこで、イマドキのワーキングマザーの特徴を捉え直すため、全21問のWebアンケート調査を実施。ワークライフバランスやキャリア志向(仕事への意欲)などによりクラスター分析を行い、7つのクラスターに分類。その特徴を表した。

 

各クラスターの特徴 

※自分や子ども、生活スタイルなどに関する全34項目を挙げ、自身に当てはまるかを聞いた中で、特徴的な項目を抜粋。〈 〉内は全クラスター中の順位

 

フルタイムワーク比率が大きい3クラスター

【セルフプロデュース型】 平均年齢39.0歳

「掃除や洗濯は効率よくできている」 51.8%〈1位〉

「掃除や洗濯はもう少し頻繁にしたい」 61.8%〈1位〉

「子どもにとってよいと思うこと・ものにはお金を惜しまない」 70.0%〈1位〉

「SNS(インスタグラムなど)をよく閲覧する」 50.9%〈1位〉

「いいと思うモノや情報があったら、周りの人に教える」 66.4%〈1位〉

【しゃかりきワーカー型】 平均年齢39.6歳

「体力的にしんどい」 61.2%〈1位〉

「精神的にしんどい」 51.8%〈1位〉

「子どもと過ごす時間が足りない」 72.9%〈1位〉

「子どもの教育に十分関われていない」 61.2%〈1位〉

【良妻賢母型】 平均年齢40.6歳

「おやつや食事・お弁当はできるだけ手作りしたい」 75.0%〈1位〉

「子どもの栄養バランスに不安がある」 54.4%〈1位〉

「商品やサービスを選ぶ際は安心・安全を重視」 64.7%〈1位〉

「ママである自分を楽しんでいる」 55.9%〈1位〉

 

パート・アルバイト比率が大きい4クラスター

【自分時間充実型】 平均年齢42.9歳

「世の中に広く関心があるほうだ」 50.7%〈2位〉

「好きなものにかける時間・お金は惜しまない」 40.8%〈3位〉

「基本的には価格の安いものを選ぶ」 59.2%〈2位〉

【今は家族優先型】 平均年齢37.9歳

「子どもと一緒にいろいろな体験がしたい」 91.1%〈1位〉

「子どもや自分の写真をよく撮る」 62.5%〈1位〉

「基本的には価格の安いものを選ぶ」 60.7%〈1位〉

【バランス+消極型】 平均年齢38.0歳

「料理メニューのバラエティーや見た目に不安がある」 56.2%〈2位〉

「料理や食事の準備は効率よくできている」 29.2%〈7位〉

「掃除や洗濯は効率よくできている」33.3%〈7位〉

【バランス+全力投球型】 平均年齢42.4歳

「商品やサービスを選ぶ際、安心・安全を重視」63.5%〈2位〉

「子どもと十分にコミュニケーションが取れている」57.1%〈1位〉

「子どもにとってよいと思うこと・ものにはお金を惜しまない」 69.8%〈2位〉

【実施日時】  2017年10月13日~10月22日
【調査方法】  Webアンケート
【調査対象】  
ワーキングマザー(フルタイムワーク、パート・アルバイト者かつ
                        末子が学生)に該当する 501 件

最新データ情報を配信 くらしHOWメンバー登録
女性活躍支援・女性マーケティング 女性・企業向けセミナー事業
自治体広報をサポート 官民協働事業の取り組み

日常の不便・不満を改善したい

女性が「何とかしてほしい!」と
思っているのはココ!

毎日の暮らしで使っている様々な商品やサービス。女性たちが日常的に感じている「不便・不満の声」を集めました。
今回は、「宅配サービス」についてを更新しました。

くらしHOW マガジン vol.12

2018.01発行/
ワーママ・サードウェーブは “私目線”で進化...

リビングくらしHOW研究所では、昨年「ワーママの実態・意識に関する調査」を実施。その結果を元に、ワークライフバランスや仕事への意欲を軸としてクラスター分析を行い、ワーママを7つに分類しま...