女性・地域・生活・消費などに関する調査データを、
ジャンル別に閲覧できます。

休日以外はメイクする人が7割近く、
一方で専業主婦の半数は「週の半分くらいはすっぴん」
~MonthlyくらしHOW9月号を発行!

2016/09/09

「リビングくらしHOW研究所」では、当社が研究する女性に関するインサイトデータを
一層ご理解いただき、有効に活用いただくため、“オンナゴコロと消費がわかるペーパー”として「MonthlyくらしHOW」を制作しています(毎月1回発行)。

今月の「Woman’s Trend」は、メイクについて調査しました。最近の流行はアイメイクとチークですが、40代以上は口紅に注意が行っているようです。自分のメイクの腕前に自信がない人も40代に多く、時代や年代に合ったメイクの情報に疎いのが見て取れました。 一番難しいパーツは各年代とも「眉」がダントツトップ。いま気になるメイク商品を自由回答で聞いてみると、キレイに描けて馴染みよく、汗で落ちないアイブロウを探し中、という声が多く挙がっていました。

 

「MonthlyくらしHOW」はこちら

MonthlyくらしHOW9月号<2016.09.09>

01 Woman‘s Trend
休日以外はメイクする人が7割近く、
一方で専業主婦の半数は「週の半分くらいはすっぴん」
78%はメイクの腕に「自信なし」、特に40代は自信喪失?

02 Woman‘s Data
【ミセスのキモチ】
主婦はひとりお茶&スイーツが息抜き
【幼稚園児ママのキモチ】
4割超が添加物、農薬、生産地気にする

03 Group Eyes
「日本健康マスター検定」スタート
個人の「健康」に関する理解促進が
社会全体を変えていく


<リビングくらしHOW研究所について>
女性の意識と行動を分析・研究する、リビング新聞グループのマーケティングカンパニーです。あらゆる消費の中心に存在する女性生活者と、より深く、効果的なコミュニケーションを実現するための情報を発信しています。

【データに関するお問い合わせ先】
株式会社リビングくらしHOW研究所
くらしHOW研究室 西
TEL:03-5216-9420/FAX:03-5216-9430
info@kurashihow.co.jp

 

 

最新データ情報を配信 くらしHOWメンバー登録
女性活躍支援・女性マーケティング 女性・企業向けセミナー事業

日常の不便・不満を改善したい

女性が「何とかしてほしい!」と
思っているのはココ!

毎日の暮らしで使っている様々な商品やサービス。「もっと○○だったらいいのに」「こんなところが使いにくいのよね~」と生活者である女性たちが日常的に感じている「不便・不満の声」を集めました。

くらしHOW マガジン vol.11

2017.01発行/
人生100年時代
自己投資世代 Gra...

昨年10号で明らかにしたAround50の3大クライシス。 今号の第一特集では、生き方の再創造を求められる「人生100年時代」、折り返し地点を迎えるAR50女性に向けて、クライシスを転...