女性・地域・生活・消費などに関する調査データを、
ジャンル別に閲覧できます。

【女性】電車内の痴漢についてのアンケート(2017年/全国)

  • 痴漢にあったことがある女性は6割超。その時の年代は10代が57.4%、20代が67.4%と大半を占めた。
  • 痴漢にあったとき、周囲に助けを求めるなど積極的な対策ができた人はごくわずか。「何もできずに耐えていた」ことがある人は36.1%で、その理由を聞くと「怖かった」「勇気がなかった」がともに63.8%。
  • 痴漢防止対策として、電車内に監視カメラを導入することに「賛成」が約9割。賛成の理由についてのFAでは、「痴漢の抑止」はもちろんだが、「痴漢冤罪対策」「そのほかの迷惑行為などの防止」にもつながるといった声が目立った。 特に痴漢の冤罪を問題視する人は多く、「自分の夫や子どもが冤罪事件に巻き込まれたら…」と心配する意見が散見された。

        賛成派・反対派どちらからも出たのは、「満員電車などでは痴漢の現場は撮影し
        にくいのではないか? 本当に抑止力になるか?」という懸念。

  • 「痴漢をなくすにはどうしたらよいと思うか?」についてのFAでは、監視カメラの導入のほか、「電車の満員状態の緩和対策(時間差出勤・通勤やテレワークなど)」「女性車輛・男性車輛・男女共通車輛(同伴者がいる場合など)の導入」「社内アナウンスやポスターなどでの注意喚起」「痴漢の厳罰化(同時に冤罪対策も必要)」といった意見が挙がった。

         【調査期間: 2017.06.28~07.02】
         【調査方法: 「シティリビングWeb」にてWEBアンケート】
         【集計数   :女性461人(平均年齢:40.67歳)】

         産経新聞「女子特区」でも、アンケート結果が掲載されました

         2017年7月28日付の産経新聞「女子特区」で、このアンケート結果の一部が取り
         上げられました。

         http://www.sankei.com/life/news/170728/lif1707280002-n1.html

最新データ情報を配信 くらしHOWメンバー登録
女性活躍支援・女性マーケティング 女性・企業向けセミナー事業
自治体広報をサポート 官民協働事業の取り組み

日常の不便・不満を改善したい

女性が「何とかしてほしい!」と
思っているのはココ!

毎日の暮らしで使っている様々な商品やサービス。女性たちが日常的に感じている「不便・不満の声」を集めました。
今回は、「宅配サービス」についてを更新しました。

くらしHOW マガジン vol.11

2017.01発行/
人生100年時代
自己投資世代 Gra...

昨年10号で明らかにしたAround50の3大クライシス。 今号の第一特集では、生き方の再創造を求められる「人生100年時代」、折り返し地点を迎えるAR50女性に向けて、クライシスを転...