女性・地域・生活・消費などに関する調査データを、
ジャンル別に閲覧できます。

【女性】ムダ毛処理事情についてのアンケート(2017年/全国)

・エステやクリニックでの脱毛経験がある女性は全体の44.8%、30代以下では6割!

・年代が若いほど、ムダ毛の自己処理頻度も高い傾向。デリケートゾーンを処理するかしないかは、30代と40代の間が境界線?

 ・これまでにエステやクリニックで脱毛した箇所は、ワキ→ヒザ下→ヒジ下→デリケートゾーン→手の甲・指の順。若い年代は範囲が広く、20代以下は一人平均6.1カ所、30代は5.5カ所を脱毛している。

 ・未経験者の脱毛サービスへの関心の有無でも、20代以下の8割・30代の6割が「関心がある」と回答!

 ・脱毛サービスを利用し始めた理由で多いのは「自己処理が面倒」(78.2%)、「自分では完全にはきれいにならない」(55.5%)、「カミソリ負け、乾燥、色素沈着などが気になる」(44.9%)。自分でするムダ毛の処理について悩みを持つ人は全体の7割。20代以下・30代では約8割にも上る。

 ・悩める女性たちの、直近で利用した脱毛サービスへの満足度は70.6%と高い。「費用は高かったが、処理がとても楽になった」(25歳)、「10年以上たった今も生えてこず、ノンストレス」(43歳)、「悩んでいたころの私に早く教えてあげたい」(32歳)。

 ・一方で、「キャンペーン後の実質費用が不明確」「結局は高い金額を払わなくてはならない」という料金の仕組みに対する不信感、「予約が取りにくい」「次の予約は3カ月先」などのオペレーションへの不満、「行くたびに営業された」と勧誘への不快感を挙げる声も多い。

 ・脱毛サービスを利用した母親は、娘の脱毛に賛成する傾向が強い。「自分が若い頃に嫌な思いをしたので、娘には脱毛をプレゼントしてあげたい」(36歳)、「自己処理して肌が荒れたりするよりは、プロに任せたほうがいいと思う」(42歳)など。

 

 

※業界インタビューはこちら 【TBCグループ 名越華子さん】

【調査期間: 2017.06.07~06.11】
【調査方法: リビングWeb・シティリビングWeb・
                       あんふぁんWebにてWEBアンケート】
【集計数 :   女性1094人(平均年齢:41.30歳)】

最新データ情報を配信 くらしHOWメンバー登録
女性活躍支援・女性マーケティング 女性・企業向けセミナー事業
自治体広報をサポート 官民協働事業の取り組み

日常の不便・不満を改善したい

女性が「何とかしてほしい!」と
思っているのはココ!

毎日の暮らしで使っている様々な商品やサービス。女性たちが日常的に感じている「不便・不満の声」を集めました。
今回は、「乾麺」についてを更新しました。

くらしHOW マガジン vol.11

2017.01発行/
人生100年時代
自己投資世代 Gra...

昨年10号で明らかにしたAround50の3大クライシス。 今号の第一特集では、生き方の再創造を求められる「人生100年時代」、折り返し地点を迎えるAR50女性に向けて、クライシスを転...