女性・地域・生活・消費などに関する調査データを、
ジャンル別に閲覧できます。

健康に美しく暮らすためには日常とスポーツの融合が必須です

株式会社 髙島屋 新宿店
販売第2部ウェルビーイング8階 課長
シニアマネージャー兼ストアバイヤー
菅家 貴文 さん


 今年3月、髙島屋新宿店はスポーツウエア、ギアを中心に、ジムやスタジオも備えた美と健康のフロア「ウェルビーフィールド」を8階にオープンした。今なぜ百貨店が”スポーツ“なのか? シニアマネージャーの菅家貴文さんに話を聞いた。





***
 フロア・コンセプトは『ウェルビーイング・ライフ』、すなわち心とカラダ、両面の充実を目指すライフスタイルです。今の時代、健康に美しく暮らすためには、日常的に身体を動かすことが必須。東京五輪もありますし、日常にスポーツが溶け込んでいる文化をもっと根付かせていきたい。これが目的のひとつです。



 もう一点意識したのは、続いているファッション業界の低迷を打破する方向のひとつに、”スポーツとの融合”があるということです。3年ほど前から伸びている『アスレジャー(※)』は、日常着とスポーツ着をクロスオーバーさせたスタイルで、アメリカ西海岸、ニューヨークなどから日本に上陸しました。街着にスポーツ要素を取り入れたもので、外出先からそのままヨガに行けるようなウエアや、仕事にもはいて行けるロングのジョガーパンツなどが、今とても人気です。

 「アスレジャー」は、単なるファッションの流行というよりも、心身の健やかさを求めるライフスタイル、つまり「ウェルビーイング・ライフ」の大きな流れの中にある動きなのです。今後も伸び代は大きいと考えています。














カラフルなヨガウエアが並ぶ「ウェルビーフィールド」の一角で。「ヨガは世代を超えて人気が高いので、売り場の2割以上をヨガ関連が占めています。次いでランニング、フィットネスの順」




***
 通常、フロアのターゲット設定に年齢要素は欠かせませんが、このフロアはエイジにはこだわりませんでした。

 ターゲットは、まず「スポーツをやってみたいけれど、やっていない」未経験者。次に「ちょっとやっているけれど、もっとやりたい」層。そして、ガッツリはまっている人たちです。この3つのターゲットに対して、エントリーからハイエンドまで、機能・パフォーマンス・価格帯をそろえて、商品を提供しています。

 従来のスポーツ用品売り場は、「ランニングシューズが欲しい」など、ある程度目的を持って行く所ですよね。でもここでは運動をしていない人にも、関心を持ってもらうことを意識しました。

 同じフロアに東急ハンズ、9階に子ども服と、集客力の高い売り場があるので、通る人が多いのですが、そんな通りすがりの方にも「このウエア、カワイイ!」「私も着られそう」と足を止めて見てもらいたいと、しっかり狙っています。

 というのも、「かっこいいウエアを着てスポーツしたい」というモチベーションは、”やってみたいけれど、やっていない“人の背中を押し、スポーツを始める入口にもなりうると考えているから。商品を通じて、もっと多くの人の日常にスポーツを溶け込ませていく啓発をしていきたいですね。


※「アスレジャー」とは運動(アスレチック)と余暇(レジャー)を組み合わせた造語

(取材は2017年5月)
最新データ情報を配信 くらしHOWメンバー登録
女性活躍支援・女性マーケティング 女性・企業向けセミナー事業
自治体広報をサポート 官民協働事業の取り組み

日常の不便・不満を改善したい

女性が「何とかしてほしい!」と
思っているのはココ!

毎日の暮らしで使っている様々な商品やサービス。女性たちが日常的に感じている「不便・不満の声」を集めました。
今回は、「宅配サービス」についてを更新しました。

くらしHOW マガジン vol.11

2017.01発行/
人生100年時代
自己投資世代 Gra...

昨年10号で明らかにしたAround50の3大クライシス。 今号の第一特集では、生き方の再創造を求められる「人生100年時代」、折り返し地点を迎えるAR50女性に向けて、クライシスを転...